Browsing articles tagged with " 環境"

自転車屋さん使用済みバナー。リサイクル大作戦!

5月 14, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  自転車屋さん使用済みバナー。リサイクル大作戦! はコメントを受け付けていません。

世界標準の「自転車楽しみカルチャー」を日本で広めている街の自転車屋さん、高山サイクル和光店。店主から使わなくなったスポンサーバナーを4枚お預かりしました。

「このバナーをリサイクル/アップサイクルしたいんだよね。」というのが店主のリクエスト。

早速、リサイクルの製品見本づくりに入りますが、これをきっかけに「自転車屋さん使用済みバナー・リサイクル大作戦」のアップサイクル・プログラムを作ることにします。

14_tkym_banner

■依頼主: 高山サイクル和光店
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

自転車タイヤごみの行方

4月 24, 2014   //   by Hilo   //   Blog, 環境  //  自転車タイヤごみの行方 はコメントを受け付けていません。

tire_0424weblog

使えなくなった自転車のタイヤ。消耗品だから数年に一度は交換。古いタイヤは処分しなければならないことに。

リサイクルするか。ゴミとして捨てるか。

リサイクル。
タイヤチューブに比べタイヤのリサイクルは良いアイディアがまだ浮かんでこない。

捨てる。
東京都世田谷区の場合、自転車のタイヤは粗大ごみ。30センチメートル以内に小さくすれば一般ごみとして収集可能。

世田谷区の担当部署へ電話で尋ねてみたら、そんな答えが返ってきた。

電話ついでに「粗大ごみで収集した自転車のタイヤはリサイクルしているのか?」と聞くと、担当者は「燃やしている」とのこと。

さらに「今後、何か自転車のタイヤをリサイクルするプランはないのか?」と聞くと、担当者は「焼却した熱をエネルギーへリサイクルしている」とのこと。

燃やした熱をエネルギーに再利用できるからリサイクル? そんな考え方は、安易すぎるし、都合のいい近視眼的な論理じゃないか。

とりあえず目の前からなくなってしまえばいいのか。
目に見えないごみ焼却による環境汚染の健康調査も環境モニタリングしなくて大丈夫なのか。

すり減った自転車タイヤを目の前に、燃やさないで何かリサイクルできるグッドアイディアが降りてくるのを待っている。

自転車愛好家の端くれとしては、環境に優しいとされている自転車から発生する廃棄物やごみが、どの程度環境へ悪影響を及ぼす可能性があるのかを知り、抑制する行動を心掛けないとね。

プラスチック廃棄物ごみ問題アニメ

4月 17, 2014   //   by Hilo   //   Blog, 環境  //  プラスチック廃棄物ごみ問題アニメ はコメントを受け付けていません。

昨日も何気なくペットボトルに入ったお茶をいただいて空ボトルをゴミ箱に捨ててしまいました。
使用済みプラスチックボトルの行く末について、自分たちの生活から排出される廃棄物について、僕はもっと慎重にもっと想像力を働かせる必要がありました。
Our Plastic, Our Problem

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ11周年】 2010

4月 14, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ11周年】 2010 はコメントを受け付けていません。

アップサイクル・プログラムではバナー/フラッグのデザインから製作、リサイクルまですべてを担当することもありますが、リサイクルバッグの製作のみを受け持つこともあります。

14ucp_osk11thy_gam

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2013 X’mas】

3月 13, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2013 X’mas】 はコメントを受け付けていません。

縦1,200ミリ×幅400ミリの使用済みのバナー/フラッグ一枚から、リサイクル/アップサイクルバッグを2つ製作します。バナーのデザインは上下真っ二つにされちゃうわけですが、バッグに生まれ変わるとこれがまた、意外性のある新鮮なデザインとなって存在感を発揮します。

14ucp_12xms_gam

 

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス ■フラッグデザイン: 宮原嵩生 ■イラスト: Yoko Miyahara
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2004夏】

3月 7, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2004夏】 はコメントを受け付けていません。

使用済みバナー/フラッグのリサイクル/アップサイクル・プログラムに取り組み始めた2005年。2004年夏に設置したバナーをリサイクル。モチーフのひまわりの花と商業施設のロゴマークを活かすようにデザインをしてトートバッグを製作しました。

14ucp05osk_gam

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス ■フラッグデザイン: 宮原嵩生 ■アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

Flagリサイクルバッグ 【晴海トリトン 2007】

3月 6, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【晴海トリトン 2007】 はコメントを受け付けていません。

使用済みバナー/フラッグを廃棄せずにバッグなどの再製品にリサイクルするアップサイクル・プログラム。商業施設、美術館、百貨店、商店街など様々な企業や団体へ提案しています。

そんなアップサイクルのリサイクル・プログラムの提案は担当の方の考え方、制作予算、提案時期のタイミングなどによって採用されないことのほうが多いです。

プログラムの採用が決定するとバナーのサイズからロスのないデザインを検討し、見本をいくつか製作することになります。バナーに使われているポリエステル素材は丈夫で軽量。

その特徴を活かして持ち運びに便利な折りたたみ収納できる「内ポケット」兼「小袋」を取り付けています。

14ucp_trtn07_gam

■依頼主:サンアート
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012春】

3月 3, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012春】 はコメントを受け付けていません。

ゲートシティ大崎の使用済み「2012年・春バージョン」のバナー/フラッグをお買い物トートバッグにリサイクルしました。イベントやキャンペーンの際にプレミアムとしてプレゼントされると思います。

osk-ucb_12sprng1

osk-ucb_12sprng2

 

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス ■フラッグデザイン: 宮原嵩生 ■イラスト:井出勝彦/アトリエK
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012夏】

2月 19, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012夏】 はコメントを受け付けていません。

ゲートシティ大崎の使用済み「2012年サマー・バージョン」のバナー/フラッグをお買い物トートバッグにリサイクルしました。イベントやキャンペーンの際にプレミアムとしてプレゼントされると思います。

osk12ucb_1

osk12ucb_2

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス ■フラッグデザイン: 宮原嵩生 ■イラスト: Yoko Mihagara
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

紙ひもディスペンサー 【アップサイクル】

2月 10, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  紙ひもディスペンサー 【アップサイクル】 はコメントを受け付けていません。

ときどき捨てるのが勿体ないほどしっかりした製品パッケージがあるよね。
そんな円筒形パッケージ(これはアウトドアウェアのもの)を梱包用の紙ひも(太さ約1.8ミリ)のディスペンサーにアップサイクルしてみました。名付けてダイナマイト・ディスペンサー!

【作り方】
(1)上蓋の中央に穴を開ける。
(2)紙ひもを中に入れて上蓋に開けた穴からひもを出す。
(3)上蓋を閉めて出来上がり。

紙ひもや麻ひもがちょうど円筒型パッケージに収まれば問題ないのですが、写真のようにひもの方が大きいと巻き直し作業が必要となります。約150メートルの紙ひもをすべて巻き直すのは諦めました(写真)。

アップサイクル紙ひもディスペンサー

Twitter

  • 2018.4.26 朝の #自転車ライド 。ツツジの花、満開。昨年より1週間ほど早いです。 #サイクリング でどーぞ。 #東京 #世田谷トレイル #bikeride #bicycling… https://t.co/kSfuChRqLO
    about 16時間 ago