Browsing articles tagged with " 自転車"

里親マウンテンバイク

4月 21, 2016   //   by Hilo   //   Blog  //  里親マウンテンバイク はコメントを受け付けていません。

0421recyclebicycle

自転車愛好家の多くは自転車をとっても大切にしています。それは自分の自転車に限らず家族の乗る自転車でも同じ。自転車好きたちは自転車が粗末に扱われることを悲しく思う種族なのですから。

そんなわけですから自転車好きの家の自転車たちはいつも整備がバッチリされています。

自転車好きの家からはときどき乗らなくなった自転車が放出されます。「子どもが乗らなくなったのでどなたか大切に乗ってくれる方にお譲りしたいのですが」とか、引越しや持ち物整理のために「オレの古い自転車、誰か大切に乗ってくれる人、いないですか~」とか、そういったケースです。

今月も引っ越しの自転車仲間から、里親を探すための自転車がやってきました。1980年代のジュニアサイズのマウンテンバイクです。大切に乗り継がれてきた自転車なのでコンディションはバッチグーです。

タイミング良く、子供の自転車を探していた知り合いがいました。写真を見せて自転車が歩んできた人生をお伝えしたところ、とても気に入ってくれたのでこのマウンテンバイクの里親はすぐに決まりました。

里親バイシクルにあたってはいくつかの決まりごとを了承してもらいます。

★大切に乗ること。

★いらなくなったら、大切に乗ってくれる人を見つけて里親に出すこと。

★里親が見つからなければ、こちらで引き取ること。

★自分でできるメンテナンスはしっかり覚えて実践してもらう。

★盗まれないように万全の防犯を心がけること。

と、まあ、そんなところです。

そして、里親さんに近い地域にある信頼できる自転車屋さんを探して紹介することにしています。

古くてもしっかり作られた自転車は、とっても長持ちする楽しい道具です。

大切に乗ってあげてください。

0421recyclebicycle2

終わらないSSWC2015 【自転車】

3月 9, 2016   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 白猫屋  //  終わらないSSWC2015 【自転車】 はコメントを受け付けていません。

終わらないシングルスピード世界選手権SSWC2015

”終わらない”から困ったもの、ではございません。

”終わらない”から嬉しい、という気持ちです。

昨年日本で開催されたシングルスピード・オフロード自転車の世界選手権大会。一時の勢いを失いつつあった世界のシングルスピード自転車シーンに喝を入れ、 元気と勇気と勢いを復活させたとして、世界的に高い評価を受けた日本が誇る国際自転車イベントでした。思い出す度に会場の興奮が蘇ってくるのは僕だけで しょうか。

わが社(ナット&カンパニー/白猫屋)もそんな素晴らしきイベントにささやかながら協賛。なぜか世界選手権が終わった現在も引き続きサポートの仕事に関わっています。

SSWC5015世界選手権大会で使っていたスタートフィニッシュ・バナーが1枚。大会バナーが1枚。「この2枚のバナーをアップサイクルできないかなぁ」と実行委員のひとりから相談がありまして、その依頼をありがたくお受けしています。

年をまたいで2年越しのアップサイクルのミッションです。それもそろそろフィニッシュに近づいています。どんなものに仕上がってくるのかのサプライズな楽 しみはアップサイクルの面白いところです。ミッションの成果については実行委員会のお披露目が済んでから、後日あらためての紹介となります。お楽しみに。

160305_sswc2015

Pataカタログの自転車ストーリー2016

3月 7, 2016   //   by Hilo   //   Blog  //  Pataカタログの自転車ストーリー2016 はコメントを受け付けていません。

0305blg16_pata-1

環境PRの一環としてアップサイクル・プログラムに取り組んでいただいている東京品川区の複合商業施設「ゲートシティ大崎」。ここにはアウトドア衣料品店「パタゴニア」東京・ゲートシティ大崎店があります。打ち合わせに行ったときに立ち寄ります。

先日お店を訪ねたときに2016年春の最新のカタログがあったので頂いてきました。

表紙は久しぶりの自転車生活者のビジュアル写真でした。ナイスです!

ページをめくってみるとお馴染みのアウトドアアクティビティを楽しむドキュメント写真のなかに、美しい自転車のものもいくつかありました。ファットバイクに、パッキングツーリング。素敵な自転車生活のショートストーリーも一編載っています。自転車好きにはたまりません。

カタログには自転車で出かけたくなるような明るくカラフルなパタゴニア製品も盛りだくさん。皆さん、ぜひカタログをご覧になってください。

0305blg16_pata-2

手ぬぐいサイクルキャップ 【SSWC2015】

2月 5, 2016   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【SSWC2015】 はコメントを受け付けていません。

16tngicp_sswc_gam

昨年2015年、偉大な自転車草レース(と僕は思っています)「SSWC(シングルスピード・オフロード自転車世界選手権大会)」が長野県白馬村で開催されました。あれからほぼ4か月。楽しかった思い出の数々はいまだに脳裏に刻み込まれています。リポートを書こうと準備しているのですが、それはもう少し後になりそうです。

*SSWC2015のウェブサイトはコチラ → SSWC2015

さて、そのSSWC2015世界選手権の会場で参加者のおひとりからサイクルキャップの製作を依頼されました。参加賞の日本手ぬぐいから「サイクルキャップを作ってくださいな」ということでした。

お待たせすること4か月。とってもお待たせして申し訳ございませんでした。ようやく完成しましたので本日、特注手ぬぐいサイクルキャップをお送りいたします。気に入っていただけると良いのですが。

■ 手ぬぐい持ち込みオーダーメイド・プログラム: ナット&カンパニーの「Contact」フォームから

クマ印スタッフTシャツ 【自転車キッズ検定】

1月 21, 2016   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  クマ印スタッフTシャツ 【自転車キッズ検定】 はコメントを受け付けていません。

年末に「自転車キッズ検定」のスタッフTシャツの追加製作の依頼があり、制作して納品しました。

自転車キッズ検定」というのは自転車走行のスキルアップや交通安全、ちょっとしたメンテナンスなども、遊び感覚で楽しみながら学べてしまう、魔法のようなキッズ向けの自転車プログラムです。2011年にスタート。日本マウンテンバイク協会のインストラクターの皆さんと一般財団法人・自転車産業振興協会のスタッフの方々によって全国で開かれています。まだ開催回数はそれほど多くはありませんが、とても親切に自転車のことを教えてくれるので、参加した子どもたちのほとんどが自転車の面白さを再発見してもっと好きになるそうです。とても楽しいイベントです。

自転車キッズ検定」のスタッフTシャツにプリントされている熊さんマーク、実は「自転車キッズ検定」のシンボル・マークです。絵本アーティストのミヤハラヨウコさんにお願いして、小さな子どもたちにも愛されるキャラクターのイメージで描き下していただきました。皆さんに好評です。

余談になりますが、「自転車キッズ検定」の検定ブックのイラストは自転車雑誌のアートワークでお馴染みのCartoon Master 田中斉さんの描き下ろしです。自転車好きには必ず共感を呼ぶ素晴らしい出来ばえです。ぜひ機会があればご覧になってください。

16blg0120_jkktee

ガラケーに。 【3M反射ピースステッカー】

1月 12, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ガラケーに。 【3M反射ピースステッカー】 はコメントを受け付けていません。

16blg0107_stkr1

5年ほど使っていた携帯電話のマイク機能がダメになりました。

スマートフォンに替える気はサラサラなし。どうしようかと困っていたら、運良く、同じ機種・色違いのガラケーが自宅の不用品ボックスに。家族が使わなくなったものです。さっそくSIMを移行。ガラケー生活を続けることができました。

そして、ステッカーです。

お約束のピース印3Mリフレクト反射ステッカー(直径40ミリの丸型)。ガラケーに貼りました。こんなイメージ(写真上)です。

昨今、ガラケー利用者はマイノリティーだとは思いますが、ご参考になさってください。

★★白猫屋 → Shironeko Store

16blg0107_stkr3

ワックスドコットン製コインパース 【白猫屋】

12月 23, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ワックスドコットン製コインパース 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

メッセンジャーバッグのトラディショナルな素材と言えば、防水加工された綿100%の「ワックスド・コットン」。使い込むほどに愛着と味わいが深くなる天然素材です。ちょうどジーンズのデニム素材のようなものでしょうか。

さてこのワックスドコットンの素材でコインパースを作りました。

cinp_hw_gam

素材の色に合わせて白猫屋で取り扱っているグログランテープでトリミング。これから販売を予定しているYKK面ファスナーテープで開け閉めできます。
パースの真ん中にステンシルでナンバリングしました。書体はビンテージなステンシル・プレートです。

cinps_05

初回ロットは色の組み合わせもナンバリングもさまざまな1点モノとなっています。

cinps_01

★★お買い求めはWEBショップ白猫屋でよろしくお願いします。

ヘンプ+コットンのサコッシュ4種 【白猫屋】

11月 10, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ヘンプ+コットンのサコッシュ4種 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

サコッシュの新作を白猫屋に並べました。ステンシルでプリントした4種類です。ショルダーテープをやや太めに、 本体上部を140ミリほど伸ばして折りたたみのフラップ仕様にしています。ヘンプとコットンを50%づつミックスした素材で作りました。プリントされた3 文字の意味は次の通りです。

● WTG ・・・・・・ Way to Go
● MSG ・・・・・・ Message
● J4F ・・・・・・ Just for Fun
● FIH ・・・・・・ Follow Your Heart

hmp-sako_15new_2

hmp-sako_15new_1

サコッシュにはキーチェンが付属しています。

hmp-sako_15new_3

サコッシュのディテールです。

【素材】 麻(へンプ)50%、コットン50%
【サイズ】 30cm(タテ) 32cm(ヨコ) 50cm(キーチェン)
【ショルダーの長さ】 115cm
【重さ】 100g

以上、よろしくお願いします。

 

布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋

10月 26, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋 はコメントを受け付けていません。

初めての出店ですので、どんな様子になるのかわかりませんが、来る2015年11月1日、「布多神社つくる市」(東京都調布市)に「白猫屋」で出展します。ロングテールバイク(自転車)に積み込んでも持っていく商品は、手ぬぐい&ヘンプのサイクルキャップ、新作ヘンプサコッシュ、リフレクト反射もの、アップサイクルグッズなどなど。インターネットのショッピングサイトから飛び出して、ユーザーの方とのリアルにつながることを楽しみにしています。調布方面にポタリングのご予定のある方、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
*今年は11月28日、深大寺の手作り市にも参加を予定しています。

ichi_img1

ichi_img2

SSWC2015世界選手権へ協賛。出店 【白猫屋】

10月 13, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  SSWC2015世界選手権へ協賛。出店 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

sswc15shop_0

アジア地区で初めての開催となるオフロード自転車SSWC2015シングルスピード(無段変速)のワールドチャンピオンシップ世界大会。参加してきました。

このワールドクラスの自転車世界選手権大会は週末2015年10月10日、11日の2日間の日程で長野県白馬村「白馬岩岳スノーフィールド」を舞台に行われました。と、スポーツメディアの導入リポート風に。

日本で開催されるワールドクラスの自転車レースということもあり、我がナット&カンパニー白猫屋として微力ながら、大会に特別協賛。当日の二日間、サイクルキャップの小さなお店を会場に出展させていただきました。

Alternative Bicycles オルタナティブバイシクルズさんのテントブースの片隅をお借りして、こんな感じの物干し風ディスプレイをクライミングロープと段ボール製の手書き看板で作りました。

今回は自転車仲間のクルマに相乗りさせてもらって、バックパキングスタイルでの会場入り。バックパックの限られたスペースに入るだけの白猫屋の商品(サイクルキャップとシューレース)を持ってきました。ちなみにバックパックの中身は商品の他に、The North Faceのブルーカズー(スリーピングバッグ)、サーマレスト・キャンピングマット、調理できる食器一式、コールマン・PEAK1ストーブ、ホワイトガソリン、二日分の着替え、Marmotのオールウェザーゴアジャケット、Canon イオス一眼レフカメラ、筆記用具など、けっこう大荷物でした。

sswc15shop_1b

そして当日の朝。お店を開くと参加者や知り合いがふらふらと店を訪ねてくれました。コーヒーやビールを片手に楽しい時間を過ごします。もちろん、商売なんてそっちのけです。

ときどき、1点モノのサイクルキャップの柄を物色。試着して気に入れば被ったまま、お金を払って去っていく。

そんな自由で気ままで贅沢な、緩~い時間がお店のまわりには流れていました。

サイクルキャップの試着用に鏡を忘れてしまったのは大チョンボでしたが、カメラが替わりになり助かりました。

sswc15shop_2

sswc15shop_3

たくさんの海外人参加者にサイクルキャップを買っていただき、どうもありがとうございました。ちなみに日本人購入者は一人だけ。日本手ぬぐい製のサイクルキャップが海を越えて、ガイジンたちに使っていただけるのはとっても嬉しいことです。

白猫屋のサイクルキャップは、インターネットのショッピングサイトで。 → 白猫屋

*世田谷界隈の手作り市への出店も考えていますので、引き続きご贔屓のほどを。

ページ:«1234567...19»

Twitter

  • 襟元と袖口がすり減ってしまった真っ赤な #ペンドルトン の #ウール シャツを #サイクリングキャップ に。2015年製作の #アップサイクル #サイクルキャップ でございます。… https://t.co/8Z6ukXvPvH
    about 3時間 ago