Browsing articles in "白猫屋"

紫外線。色で知らせてくれるよ

1月 27, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  紫外線。色で知らせてくれるよ はコメントを受け付けていません。

16uv-strp_gam

うちの白猫屋で販売しているUV(紫外線)で反応変色する紫外線チェッカー機能のジッパープル。その「ヘッド」部分と2ミリ径の「リフレクト反射ゴム製コード」(見本色の赤)を使って携帯電話に取り付けてみました。

紫外線(UV)の強さに反応して白いヘッドが紫色に変色します。紫外線が強ければ濃く、弱ければ薄く変色します。意外と便利?というよりは楽しいです。

コード部分はリフレクト(反射)テープが編み込まれていますので、ライトや光を反射して安全性を高めることにも役立ちます。

この「紫外線に反応変色するヘッド」部分、あまり人気がなかったのか、実は数年前に生産中止になりました。メーカー在庫を引き取って白猫屋で細々と販売し ていますが、それも少なくなってきました。現在セット売りのみの販売ですが、なかなか便利な製品なので今年はバラ売りを始めようかと検討しています。

そして、2ミリ径の「リフレクト反射ゴム製コード」。新色のリリースを検討中です。

すこし定番商品を増やそうかと。
よろしくお願いします。

コードの芯ボビンを定期回収 【リターナブル】

1月 23, 2016   //   by Hilo   //   Blog, Works, 白猫屋  //  コードの芯ボビンを定期回収 【リターナブル】 はコメントを受け付けていません。
繰り返し使うことのできるリターナブル・ボビンです。

繰り返し使うことのできるリターナブル・ボビンです。

わが社、ナット&カンパニーではオリジナルの「リフレクト反射コード」を製作しています。

そもそもリフレクト反射効果のあるコードを作ろうと思ったのは、キャンプに行ったときの夜、いつもテントやタープの張り綱(コード)に足を引っかけていた ことがきっかけ。張り綱が光ったら危なくないのになあ、反射効果のあるリフレクトコードがあったらいいなあと、そんなことを考えたからなのです。

リフレクト反射テープ2本入りコードはテントやタープの張り綱に。

リフレクト反射テープ2本入りコードはテントやタープの張り綱に。

そんなきっかけでオリジナル製作したリフレクト反射コード。2002年から東急ハンズ(素材売場)さんで販売していただいています。リフレクト反射テープ を2本編み込んだ直径3ミリの丸ヒモ(コード)、ゴム製の反射テープ入りの直径2ミリと3ミリの丸ヒモ(コード)の3種類。全国の東急ハンズさんで取り 扱っていただいているわけではありませんので、ご購入の際は各店にご確認をお願いします。取り扱いがあっても、バイヤーの方が仕入れカラーのセレクトをし ていますので、ご希望のカラーがないこともあります。ご了承ください。

話しをリターナブル・ボビンに戻します。リターナル・ボビンというのはコードを巻いてある芯の部分、しかも繰り返し使うことができる芯のことです。

通常このテのコードが販売されている場合、巻いてあるボビン(芯部分)は付属品。付属品(芯)は、ほぼすべて「使い捨て」です。「使い捨て」は嫌ですね。 無駄ですね。ゴミが増えますね。繰り返し使うことのできる芯(ボビン)を探しましたがない。どこにもない。なかったので自分で作ることにしました。デザインは自分でしました。素材も自分で選びました。愛知県の木工所さんがボビンを作ってくれるというので、ありがたく製作をお願いしました。そうやって出来上 がったのが現在繰り返し使っているこのボビンです。

ボビンを繰り返し使うためには取引先のご協力なしには実現できません。東急ハンズの渋谷店、新宿店の二店舗では売場担当者の方がとっても快くボビンのリサ イクルを引き受けてくれました。東急ハンズさんでは使い終わったリターナブル・ボビン(芯)をバックヤードにため置いてもらっています。

年末、東急ハンズ新宿店の素材売場担当の大原さんに「ボビンがたまっていますよ」と声をかけられました。納品のついでにバックヤードの使用済みボビンが 入った袋を引き取りました。16個のボビンが入っていました。納品帰りの方が大荷物になってしまいましたが、毎度どうもありがとうございます!

D.I.Y.の材料や素材を買うときは、環境意識の高いスタッフのいる東急ハンズ。新宿店か渋谷店の素材売場をぜひご利用ください。

ゴム製のリフレクト反射コードのカラーは全13色

ゴム製のリフレクト反射コードのカラーは全13色

*インターネットWEBショップ「白猫屋」ではリフレクト反射コード全色のご購入が可能です。

ガラケーに。 【3M反射ピースステッカー】

1月 12, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ガラケーに。 【3M反射ピースステッカー】 はコメントを受け付けていません。

16blg0107_stkr1

5年ほど使っていた携帯電話のマイク機能がダメになりました。

スマートフォンに替える気はサラサラなし。どうしようかと困っていたら、運良く、同じ機種・色違いのガラケーが自宅の不用品ボックスに。家族が使わなくなったものです。さっそくSIMを移行。ガラケー生活を続けることができました。

そして、ステッカーです。

お約束のピース印3Mリフレクト反射ステッカー(直径40ミリの丸型)。ガラケーに貼りました。こんなイメージ(写真上)です。

昨今、ガラケー利用者はマイノリティーだとは思いますが、ご参考になさってください。

★★白猫屋 → Shironeko Store

16blg0107_stkr3

ワックスドコットン製コインパース 【白猫屋】

12月 23, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ワックスドコットン製コインパース 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

メッセンジャーバッグのトラディショナルな素材と言えば、防水加工された綿100%の「ワックスド・コットン」。使い込むほどに愛着と味わいが深くなる天然素材です。ちょうどジーンズのデニム素材のようなものでしょうか。

さてこのワックスドコットンの素材でコインパースを作りました。

cinp_hw_gam

素材の色に合わせて白猫屋で取り扱っているグログランテープでトリミング。これから販売を予定しているYKK面ファスナーテープで開け閉めできます。
パースの真ん中にステンシルでナンバリングしました。書体はビンテージなステンシル・プレートです。

cinps_05

初回ロットは色の組み合わせもナンバリングもさまざまな1点モノとなっています。

cinps_01

★★お買い求めはWEBショップ白猫屋でよろしくお願いします。

ヘンプ+コットンのサコッシュ4種 【白猫屋】

11月 10, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ヘンプ+コットンのサコッシュ4種 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

サコッシュの新作を白猫屋に並べました。ステンシルでプリントした4種類です。ショルダーテープをやや太めに、 本体上部を140ミリほど伸ばして折りたたみのフラップ仕様にしています。ヘンプとコットンを50%づつミックスした素材で作りました。プリントされた3 文字の意味は次の通りです。

● WTG ・・・・・・ Way to Go
● MSG ・・・・・・ Message
● J4F ・・・・・・ Just for Fun
● FIH ・・・・・・ Follow Your Heart

hmp-sako_15new_2

hmp-sako_15new_1

サコッシュにはキーチェンが付属しています。

hmp-sako_15new_3

サコッシュのディテールです。

【素材】 麻(へンプ)50%、コットン50%
【サイズ】 30cm(タテ) 32cm(ヨコ) 50cm(キーチェン)
【ショルダーの長さ】 115cm
【重さ】 100g

以上、よろしくお願いします。

 

布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋

10月 26, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋 はコメントを受け付けていません。

初めての出店ですので、どんな様子になるのかわかりませんが、来る2015年11月1日、「布多神社つくる市」(東京都調布市)に「白猫屋」で出展します。ロングテールバイク(自転車)に積み込んでも持っていく商品は、手ぬぐい&ヘンプのサイクルキャップ、新作ヘンプサコッシュ、リフレクト反射もの、アップサイクルグッズなどなど。インターネットのショッピングサイトから飛び出して、ユーザーの方とのリアルにつながることを楽しみにしています。調布方面にポタリングのご予定のある方、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
*今年は11月28日、深大寺の手作り市にも参加を予定しています。

ichi_img1

ichi_img2

SSWC2015世界選手権へ協賛。出店 【白猫屋】

10月 13, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  SSWC2015世界選手権へ協賛。出店 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

sswc15shop_0

アジア地区で初めての開催となるオフロード自転車SSWC2015シングルスピード(無段変速)のワールドチャンピオンシップ世界大会。参加してきました。

このワールドクラスの自転車世界選手権大会は週末2015年10月10日、11日の2日間の日程で長野県白馬村「白馬岩岳スノーフィールド」を舞台に行われました。と、スポーツメディアの導入リポート風に。

日本で開催されるワールドクラスの自転車レースということもあり、我がナット&カンパニー白猫屋として微力ながら、大会に特別協賛。当日の二日間、サイクルキャップの小さなお店を会場に出展させていただきました。

Alternative Bicycles オルタナティブバイシクルズさんのテントブースの片隅をお借りして、こんな感じの物干し風ディスプレイをクライミングロープと段ボール製の手書き看板で作りました。

今回は自転車仲間のクルマに相乗りさせてもらって、バックパキングスタイルでの会場入り。バックパックの限られたスペースに入るだけの白猫屋の商品(サイクルキャップとシューレース)を持ってきました。ちなみにバックパックの中身は商品の他に、The North Faceのブルーカズー(スリーピングバッグ)、サーマレスト・キャンピングマット、調理できる食器一式、コールマン・PEAK1ストーブ、ホワイトガソリン、二日分の着替え、Marmotのオールウェザーゴアジャケット、Canon イオス一眼レフカメラ、筆記用具など、けっこう大荷物でした。

sswc15shop_1b

そして当日の朝。お店を開くと参加者や知り合いがふらふらと店を訪ねてくれました。コーヒーやビールを片手に楽しい時間を過ごします。もちろん、商売なんてそっちのけです。

ときどき、1点モノのサイクルキャップの柄を物色。試着して気に入れば被ったまま、お金を払って去っていく。

そんな自由で気ままで贅沢な、緩~い時間がお店のまわりには流れていました。

サイクルキャップの試着用に鏡を忘れてしまったのは大チョンボでしたが、カメラが替わりになり助かりました。

sswc15shop_2

sswc15shop_3

たくさんの海外人参加者にサイクルキャップを買っていただき、どうもありがとうございました。ちなみに日本人購入者は一人だけ。日本手ぬぐい製のサイクルキャップが海を越えて、ガイジンたちに使っていただけるのはとっても嬉しいことです。

白猫屋のサイクルキャップは、インターネットのショッピングサイトで。 → 白猫屋

*世田谷界隈の手作り市への出店も考えていますので、引き続きご贔屓のほどを。

注染てぬぐいからサイクルキャップ

8月 16, 2015   //   by NekoAndPeace   //   Blog, 白猫屋  //  注染てぬぐいからサイクルキャップ はコメントを受け付けていません。

てぬぐいからサイクルキャップを作り始めて、もう5年くらい経つでしょうか。
いろんなてぬぐいを探し求めましたが、やはり注染のてぬぐいは最高です。

最近は可愛らしいプリントのてぬぐいもあり、それはそれで素敵なデザインなのですが、注染の染めたてぬぐいの風合いにはかなわないように思います。

注染の特長は表裏が無いこと、染料が糸に浸透することでプリントとは違う深みがあり手わざを感じる世界で唯一の加工方法だそうです。

▼今年集めたてぬぐいの数々。
注染てぬぐい
注染てぬぐい

 
このてぬぐいから、サイクルキャップが続々と出来上がってきています。
手作りで、一点~二点しか作れないサイクルキャップ。お気に入りがありましたら、お早めにオーダーください。お待ちしています。

お求めは、白猫屋ショッピングサイトでどうぞ!

手ぬぐいサイクルキャップ 【三枡文様★紅】

8月 12, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【三枡文様★紅】 はコメントを受け付けていません。

トラディショナルな和柄、三枡文様の注染手ぬぐいには青と赤の2種類がありましたので、迷うことなくこの2色でサイクルキャップを作ることにしました。

赤い紅色サイクルキャップはこんな感じの仕上がり。伝統的な江戸文様の手ぬぐいがあら不思議。存在感のあるモダンなデザインになりました。

15_tcp-j_gam

デザインは3パネル。素材を吟味して1点1点仕入れ、1点1点手作りする家内制手工業生産のため、”売り切れ御免”でご迷惑をおかけしますが、ご縁のあった方はよろしくお願いします。ショッピングサイト、白猫屋でお待ち申しております。 → 白猫屋

 

手ぬぐいサイクルキャップ 【三枡文様★藍】

8月 11, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【三枡文様★藍】 はコメントを受け付けていません。

白猫屋はサイクルキャップを正統派の注染手ぬぐいから製作しています。もちろん1点1点の手作りです。

手ぬぐいの良さはそのままサイクルキャップの使い勝手の良さに繋がっています。綿100%のサラッとした素材感、軽さ、風通しの良さ、デザインの渋さ、繰り返しの洗濯にも耐える耐久性の高さなど、手ぬぐいで作ったサイクルキャップはなかなか爽快です。

「三枡文様」は、歌舞伎初代市川団十郎以来使われている「成田屋」の定紋で、江戸の粋なデザインになっています。

三重県の伊勢で彫った型紙(伊勢型紙)にあわせ、12回折りたたんだ生地に染料を掛けて染めた手ぬぐいを使用しています。
注染は、染料が糸に浸透することでプリントとは違う深みがあり手わざを感じる世界で唯一の加工方法です。

15blg08011

15_tcp-a_gam

デザインは3パネル。ショッピングサイト、白猫屋こちらです。 → 白猫屋

ページ:«1234567...19»