Browsing articles tagged with " リペア"

グログランテープをもう少し 【白猫屋】

5月 17, 2018   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  グログランテープをもう少し 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

あれやこれやと試作品を作るときによく使う資材がYKK社のグログランテープです。製品の色にあわせてグログランテープの色を考えますので、気がつけば全9色ものストックを抱えるまでになりました。ただ商品企画の仕事で使う量はそれほど多いものではありません。そこで一般の方が少ない数量から気軽に買えるようにと、インターネットショッピングサイト「白猫屋」で販売しています。

グログランテープの必要な長さはせいぜい1メートルか2メートルという方が多いのですが、数十メートルをまとめて注文される方もいます。

「30メートル欲しかったのに、白猫屋の在庫が足りない!」

といったときはぜひお問い合わせをお願いします。

倉庫のストックを確認して、対応させていただきます。

白猫屋/ナット&カンパニー
森本ヒロフミ

パタゴニアのバッグの切り裂け修理

5月 10, 2018   //   by Hilo   //   Blog, 未分類  //  パタゴニアのバッグの切り裂け修理 はコメントを受け付けていません。

「パタゴニアのバッグが破れてしまったんだけど、これ、修理できるかなあ?」と、知り合いからの相談。

バッグやらジャケットやらトレッキングシューズやら、パタゴニア製品といえば1990年代からリペアを繰り返し長いこと使っているものばかりの我が家。そんな”物持ちのよさ”を知ってか知らぬか、修理できるか否かの相談を受けることが多いです。

相談されたバッグはリップストップナイロン素材の「ライトウェイト・トラベルクーリエバッグ」。ボディ部分を何かに引っかけたらしく、4〜5センチほど切り裂き破れがありました。見たところ、この程度ならパタゴニア社でリペアしてくれるはず。さっそく、バッグを預かり、行きつけのパタゴニア東京大崎店にリペアを依頼しました。

最近、パタゴニア社のリペアはたいへん混んでいます。バッグのリペアをお願いしたのは2月初旬。修理が済んで戻ってきたのは4月の下旬でした。2か月半ほどかかりました。

帰ってきたバッグはまるで新品のよう。どこが破れていたのか確認できないほどきれいに修理してありました。びっくりです。

気に入って使っていたバッグが破れてしまってがっかりしていた知り合い。修理されたッグを受け取って、とっても喜んでくれました。

修理代金は¥1,080也。良心的な価格もありがたいです。

多少費用がかかっても、新しい製品に買い替えるよりも修理しながら長く使うほうが気持ちもいいし、カッコいいと考えるのは僕だけでしょうか。

古い眼鏡のケーブルテンプル修理

2月 14, 2018   //   by Hilo   //   Blog  //  古い眼鏡のケーブルテンプル修理 はコメントを受け付けていません。

1920年代~30年代の古い眼鏡がまだそれほど高価ではなかった1980年代。近眼の僕は、海外のガレージセールや国内のアンティーク家具屋さんを訪ねては、耳に巻きつけるタイプのケーブルテンプル(縄手とも呼ばれている)の気に入った古い眼鏡を手に入れていました。

アンティーク眼鏡のコレクターではないので手に入れた眼鏡は度付レンズを入れて普段使いにします。

とは言っても、作られてから90年ほど経過しております眼鏡は、さらに長いこと使っていますとケーブルテンプルの肌に接する部分の金張りが剥がれ、巻きつる部分の金属が摩耗します。それでも使っていると、やがてそこからポッキリと折れてしまいます。

ここのところ運悪く、使っている眼鏡がそんな具合にポキポキと折れてしまいました。

まぁ古いものなのでしかたがないのですが。でもその中でも使い勝手の良かった眼鏡、1930年代製の英国ALGHA社のもの(写真左)と1920年代製の英国製のものを修理することにしました。

折れたケーブルテンプルを修理してくれるのだろうか?

久しぶりに、お世話になっている町の眼鏡屋さん「メガネナカジマ」さんへ持ち込んで相談したところ、元のような見栄えは無理だけれど、嬉しいことに修理は可能とのこと。2本の眼鏡の修理をお願いして3週間。写真のようにテンプルがバッチリくっついて戻ってまいりました。気に入った道具を長く長く使いたいものにとっては、ほんとうにありがたいことです。

1920年代~30年代の古い眼鏡が2018年の今でも使えるっていうのもすごいけれど、そんな古い眼鏡を修理してくれる頼もしいメガネ屋さんがある2018年の日本も素晴らしいなぁとつくづく感じました。

1970年製パイロット万年筆の修理

8月 12, 2017   //   by Hilo   //   Blog  //  1970年製パイロット万年筆の修理 はコメントを受け付けていません。

明治生まれの祖父が晩年愛用していた1970年製のパイロット万年筆エリート。今は僕が祖父の形見として普段の筆記用具として使っています。この万年筆、ニブ(ペン先)のデザインとデカさがとっても気に入っています。

数か月前から、このデカいニブにインクのにじみが出始めました。気にせず使っていたのですが、インクのにじみが増えてきました。どこからインクが漏れているのか、ちょっとわかりません。

心配になったもので、万年筆の製造元、パイロットさんに連絡したところ、修理を受けつけてくれるとのこと。47年前のものでも大丈夫。ありがたい。宅急便で修理のやりとりもできるそうですが、東京・京橋のパイロット本社で受け付けてくれるというので持参。

本社で修理の受付、といっても修理専門の技術者の方が直接応対してくれました。万年筆のことなら何でも知ってます、って感じの頼もしいスタッフです。片手に修理道具を持って、さっそうと現れました。ほんとうにパイロット万年筆のことなら何でも知っています。

持ち込んだ万年筆は宝物でも扱うように慎重に扱ってくれます。どんな症状かを僕に訪ね、万年筆のニブをルーペなんかでのぞき込んだりして、入念にチェック。万年筆の状態を細かく診断して詳しく話してくれます。

「これはニブの接着が剥がれてきたんですね。古いペンは接着剤が劣化して剥がれてしまうんですよ。」

接着しなおせばインクのにじみはなくなるそうです。あとはとってもいい状態。安心しました。

「30分ぐらいお時間があるようでしたら、すぐに修理してお渡しできます。お待ちになりますか?」

僕は次の用事があり、後日受け取りに行くことにした。でも、持ち込んだその日に修理が終わって持ち帰ることができるサービス体制って素晴らしいね!

ちなみに今回の万年筆「パイロット・エリート」(1970年製)の修理料金は基本料金の¥1,000+消費税。パイロットの筆記用具修理の問い合わせウェブサイトはこちらです。

パイロット筆記用具修理お問い合わせ

パイロットの修理担当者の方、どうもありがとうございました。

反射リフレクトコード【使用例】 DIYカスタムの名手、シンゴさんの作品

4月 18, 2017   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  反射リフレクトコード【使用例】 DIYカスタムの名手、シンゴさんの作品 はコメントを受け付けていません。

製品販売の仕事をしていて最高に嬉しいのは、購入していただいた方に喜ばれること。仕事のやりがいを実感します。

しかも馴染みの自転車仲間がネット経由でわざわざ注文してくれときたら、ホント、ありがたいことです。

シンゴさん、ありがとう!

で、そのシンゴさん、自転車仲間のあいだでは最高にクリエイティブなD.I.Y. [Do It Yourself]の名手として知られています。 そのクールな仕事っぷり(遊びっぷり、か?)は彼のブログ「サルサ野郎の”29erから始めましょう”」でこと細かに紹介されています。コードを交換して、センスの良いアイディアをちょいと盛り込んだ見事なアップグレードです。一見の価値ありです。ぜひぜひチェックしてみてくださいね!

★ シンゴさんが「 リフレクトテープ入りゴム製コード(3mm丸ヒモ) 」を使ってカスタムしたのが上の写真の3点です。サドルバッグ×1。ハンドルバーバッグ×1。ハンドルポーチ×1。

★ シンゴさんにご購入いただいた製品はコレです。白猫屋特製「リフレクトテープ入りゴム製コード(3mm丸ヒモ)」。リフレクト反射ラバーコードとも呼んでいます。

メッセンジャーバックル【ダールブラック】定番に!

10月 22, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  メッセンジャーバックル【ダールブラック】定番に! はコメントを受け付けていません。

161022_bklblkx600

欠品、入荷未定だったダールブラック色の50ミリ幅のバックル。

マイナーすぎるパーツのためにメッキ加工の時期がまったく読めない状況でした。

このススのような渋いツヤ消しの黒=「ダールブラック」は何とも言えない独特の雰囲気を持っています。需要は少ないのですが、なかな魅力のある製品なので、ここはひとつ白猫屋の定番商品として取り扱うことにしようと決めました。

そんな訳で、特別注文でダールブラックの加工をお願いしていたバックルが先日仕上がってきました。

ダールブラックのバックルのインターネットショッピングサイト「白猫屋」で販売しています。どうぞよろしくお願いします。

*ダールブラックのバックルは長く使っていくうちにジーンズのデニム素材のように色落ちがあります。アタリ(摩擦)による色落ちなので独特の風合いが楽しめるはずです。ただし、明るい色のテープや生地とダールブラックのバックルを組み合わせた場合、ダールブラックの色が「強い擦れ」や「頻繁なアタリ」によって色移りが発生します。素材選び、明るい色との組み合わせに十分ご注意ください。

ダールブラック。メッセンジャーバックル

5月 23, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ダールブラック。メッセンジャーバックル はコメントを受け付けていません。

パーツ加工屋さんの紙箱の奥に眠っていたのは何とも味わい深い”ブラックメッキ”のバックルでした。

「ダールブラック」という黒いメッキです。これはスチール素材のバックルに厚塗りの銅メッキを施した後、その上にススのような艶なしブラックをさらにメッ キします。このメッキは昔から行われている手法です。塗装による光沢のある黒とは違いしっくり金属に馴染んだ黒がとても良い雰囲気です。

ダールブラックのバックルは長く使っていくうちにジーンズのデニム素材のように色落ちがあります。アタリ(摩擦)による色落ちなので独特の風合いが楽しめ るはずです。ただし、明るい色のテープや生地と組み合わせた製品ですと、バックルと強く擦れたり何度もあたったりすると色移りが発生しますので素材選びに 注意が必要です。

ダールブラックのバックルを少量ですが店頭に並べました。お買い求めはインターネットショッピングサイト白猫屋でどうぞ。

sold out ★ 2016.6.12
お買い求めいただきました方、ありがとうございました。お蔭さまで在庫分完売となりました。申し訳ございませんが、今後の取り扱いの予定はありませんのでご了承ください。機会があればまたお知らせいたします。

★★ 販売再開! ★★ 2016.8.20
少量ですが、お願いしていたダールブラックの加工が仕上がってきました!再び、ダールブラックのバックルを店頭に並べることができました。よろしくお願いします。

★ 再び sold out ★ 2016.9.1
誠に申し訳ございません。再び在庫が底をつきまして、現在欠品しております。皆様にはご迷惑をおかけします。少量生産のため次回加工のタイミングに合わせて製作予定ですが、仕上がり時期は未定です。目処がつきましたら、ウェブログでお知らせいたします。よろしくお願いします。

★★★ 定番商品としました ★★★ 2016.10.22
ダールブラックのバックルを定番商品として店頭に並べることにしました。よろしくお願いします。

 

bkl_dbk_x600

止水ファスナー/つや消し【白猫屋】

5月 17, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  止水ファスナー/つや消し【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

リペア&D.I.Y.のためのパーツを販売していますとお客さまから教えられることも多いです。この『つや消し』タイプの止水ファスナー(YKK社製)もそのひとつです。

僕たちも商品企画で『つや消し』を使ってみようかなぁと思いまして、30センチの長さのものを別注で製作しました。少し余分が出ましたのでお分けします。

白猫屋の店頭に並べましたので、ご縁がありましたらよろしくお願いします。

16wpfsmat_new_0517b600

16wpfsmat_new_0517a600

メッセンジャー御用達アルミDリング

3月 5, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  メッセンジャー御用達アルミDリング はコメントを受け付けていません。

欠品しておりましたアルミ製の「極太Dリング」を補充しました。お知らせします。

もう手にいらないかもしれないなぁ、と半ばあきらめていた製品でしたが、先日、仕入先さんの地下倉庫にて幸運にも発掘。これでご贔屓のお客様にも供給を続けられることとなりました。嬉しいです。

インターネットショッピングサイト「白猫屋」にてお買い求めが可能です。引き続きよろしくお願いします。

160305_d-rng7m

★白猫屋 リペアパーツ アルミ製極太Dリング

ストラップポーチのアップグレード 【白猫屋】

12月 5, 2013   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ストラップポーチのアップグレード 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

アウトドア製品にはグレードが存在します。それを判断するポイントのひとつは裏返しにしたときに生地の裁断部分がしっかり処理されているかどうか。自分の使っているバッグをいくつかチェックしてみると生地が切りっぱなしで未処理のものが意外と多いです。

長年使っているTimbuk2のストラップポーチも、切り口未処理の切りっぱなし製品でした。そこで、補強とアップグレードを兼ねて、切りっぱなしの切り口をぐるりとグログランテープで包んでみました。

グログランテープのご調達は白猫屋で。YKK社製のものを全9色ご用意しております。

ggtape_ex_13-1

ggtape_ex_13-6

ggtape_ex_13-2

ggtape_ex_13-3

ggtape_ex_13-4

ggtape_ex_13-5

ページ:12345»

Twitter

  • https://t.co/T5eN1PoiXF午前7時。気温24℃。やや強めの爽快な風に吹かれて、朝の #自転車ライド へ。 #東京 #世田谷 成城3丁目の国分寺崖線から望む西の空。富士山は雲の向こうに。 #自転車のある生活 https://t.co/6u4JeTIfeA
    about 18時間 ago