Browsing articles tagged with " クリエイター"

オーダー家具と建具の坪原木工。サイクリングチーム結成!

6月 16, 2018   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  オーダー家具と建具の坪原木工。サイクリングチーム結成! はコメントを受け付けていません。

小田原へかまぼこを買いに行った帰り道。親戚が営むオーダー家具と建具の製作所「坪原木工」に顔を出しました。

義理の叔父と叔母が創業した木工所で、いまは息子のセイ君が跡を継ぎ、若いスタッフとともにクリエイティブなオーダーメイドの仕事を請け負っています。

久しぶりに作業所を訪ねてみると、セイ君と奥さんのモモちゃんが出てきました。なにやらシャツのようなものを片手に持っています。バサッと広げるとなんともステキなサイクルジャージ!

沈んだ気持ちも思わず明るくなるような清々しいサックスブルーのボディカラーに、仕事道具のカナヅチやらドライバーやらカンナやらがポケットの中に描かれています。遊び心があるデザインはいいですねぇ。楽しい雰囲気がナイスです。

自転車が大好きな坪原木工のスタッフやその家族たち。とうとう自前でサイクリングチームを作ってしまったそうです。

サイクリングチームはまだ結成して間もないようですが、休日はお揃いのジャージを着てみんなでワイワイ楽しく走っています。本格的じゃないユルさが楽しそうです。みんなでレースに参加する日も近いかもしれません。

ツボハラ・ファクトリー(坪原木工)の玄関を入ったオフィスの入り口にはスタッフの自転車が並んでいます。サイクリストたちが働く、羨ましい職場です。腕の良い職人も揃っています。特注の家具建具などのご相談がございましたらぜひお声をかけてください。

★ツボハラ・ファクトリー(坪原木工) → tsubohara.com

ソースマニアのドレッシングソース

6月 6, 2018   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  ソースマニアのドレッシングソース はコメントを受け付けていません。

最近わが家の食卓に頻繁に登場するのが、『Souce Mania (ソースマニア)』の美味しいドレッシングです。

このドレッシング(ソース)は、米作りの仲間の大(ダイ)ちゃんが丹精込めて作っている製品です。化学調味料や合成保存料や着色料や砂糖などの添加物は一切使っていないので、安全です。しかも、むちゃくちゃ美味しいです。ドレッシングの色もきれいなので気に入っています。

「5月の連休は青山ファーマーズマーケットで出店しているよ」と聞いていたので、ふらりと顔を出しに行ってきました。

『Souce Mania (ソースマニア)』のお店でドレッシングを3種類、買いました。「塩レモンフレンチ」、「グリーンスムージー」、「ラベンダー」の3本です。持参した保冷バッグにちょうど入りました。

帰ってから、新作の「ラベンダー」の封を開け、サラダのドレッシングとして頂きました。絶品です。美味しさを表現するのはなかなか難しいのですが、とっても深みのある多様性に富んだ爽やかな味です。原材料は紫キャベツと赤玉ねぎをベースに、黒イチジク、プルーンなどのドライフルーツ、そしてアサイーが入っています。

野菜だけではなく肉でも美味しくいただけるそうなので今度試してみることにします。

まだ食べていない「塩レモンフレンチ」と「グリーンスムージー」の味も楽しみです。

『Souce Mania (ソースマニア)』のドレッシング(ソース)は青山ファーマーズマーケットで買うことができます。

お問い合わせは Luro-foods のFBベージからお願いします。 →  Luro-foods

ニコリ社メッセージボード by いろはに木工所

4月 18, 2018   //   by Hilo   //   Blog, Friends, Works  //  ニコリ社メッセージボード by いろはに木工所 はコメントを受け付けていません。

数独で世界的に知られたパズル制作会社ニコリ社。縁あって25年ほど販売促進の企画の仕事を請け負っております。二コリさんとは長いお付き合いになります。

3年前にオリジナルのメッセージボードを企画製作しました。そろそろ在庫がなくなりそうなのでリピート生産をお願い!というのが今回のミッション。製作は「いろはに木工所」さんにお願いしています。

メッセージボードが完成したとの連絡を受け、いろはに木工所さんのアトリエ&工房へ。昨年、谷中から両国へ引っ越されたと聞いていたので、新しい仕事場の訪問を楽しみにお伺いしました。

依頼した製品、ニコリ社のメッセージボードは素晴らしい出来上がりでした。

新しい仕事場、アトリエ&工房のほうは築50数年という古い建物。中に入ると白い漆喰壁と無垢の柱と床。よく手入れされて大切に使われてきた建物であることがわかります。陶器の洗面台やレトロなタイル張りの旧式水洗トイレなど、とても懐かしい雰囲気で落ち着きます。いろはに木工所さんの作品が並ぶ北側のアトリエは柔らかい光が入ってきます。明るく居心地の良い空間です。ついつい長居をしてしまいました。

いろはに木工所さんは一般住宅の特注家具も数多く製作しています。木製スプーンを自作するようなワークショップなども開催しているそうなので参加してみたいものです。

ラルゴTシャツ 2017

8月 9, 2017   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  ラルゴTシャツ 2017 はコメントを受け付けていません。

今年もバックカントリースノーボードショップ「Largo/ラルゴ」さん(東京・新宿)の依頼でオリジナルTシャツのディレクションを担当しました。

今日はプリント工房「ブレインズ」の三原さんのところで、Tシャツのプリントの立ち合いでした。

毎年恒例です。ラルゴの店主、菊浦さんとイラストレーター、松川けんしさん、そしてブレインズの三原さんと一緒に、あーでもないこーでもないとプリントの色を決め、インクを調合し、プリントをしてもらい、次々とラルゴTシャツを仕上げていきます。

プリントのデザインはご覧のような「タコのマンボ、Uh!」。去年もこのデザインでしたが、実は海外アウトドア・メーカーのスタッフたちに大人気だったようです。インターナショナルな感覚で独自路線を突っ走るラルゴさんとイラストレーターの松川さんのコラボTシャツなので外人たちに好まれるのもわかるような気がします。

毎年、数十枚しか製作しないラルゴTシャツです。品質とセンスと価格を考えると、とってもお買い得。去年、手に入れられなかった日本のお客さま、現物をお確かめに新宿御苑前のラルゴさんをお訪ねください。

ヘンプ100%サイクルキャップ 【シャンブレー】 2016

7月 6, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ヘンプ100%サイクルキャップ 【シャンブレー】 2016 はコメントを受け付けていません。

16wlg0706_hcp-cbry

白猫屋のサイクルキャップ・クリエイター、SUZAN女史の「大いなる楽しみ」はキャップの素材を自ら足と感覚で買い付けてくることです。大量生産・大量消費を嫌い、時代にやや逆行するライフスタイルを志向しております彼女。物色してくる生地はベーシックでありながらも、なかなか面白いものばかり。感心します。

先月、個人的にちょっと気になる生地を買い付けてきました。

「シャンブレー」です。 シャンブレーというのはタテ糸に色糸、ヨコ糸に晒糸(白糸)を使った平織り生地のこと。コットン素材のものはよく見かけるのですが、ヘンプ(麻)100%のシャンブレーは珍しいですね。

そんなシャンブレーでサイクルキャップを作りました。

デニムのようなインディゴブルー系カラーが良い感じです。麻とシャンブレー、それぞれの持つ光沢感が独特の風合いを創り出しています。

出来上がったキャップを昨日、お店に出したのですが、すぐに大阪方面の方にお買い求めいただきました。ありがとうございました。

本日さっそく追加で1点製作。お店に並べましたので、ご縁がございましたら、よろしくお願いします。

白猫屋でお待ち申しております。

手ぬぐいサイクルキャップ 【鱗文様】 *別注

6月 20, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【鱗文様】 *別注 はコメントを受け付けていません。

16ucp-snkk-cp

白猫屋で承っている特別注文のサイクルキャップは、頭のサイズをお聞きしてから製作します。キャップの後に程よい強さのゴムが入っていますので5センチくらいまでのアタマの大きさには対応可能です。

常連さん、3本目の注染手ぬぐいは伝統的な「鱗(ウロコ)文様」。少し小さめのサイズをリクエストしてくださったので、おそらくどなたかへのプレゼントかもしれません。余計なお世話かもしれませんが。すみません。

サイクルキャップのパターンは3パネルというご要望でしたので、細かな連続する全面柄の手ぬぐいから切り出すデザインを慎重に検討。柄は同じなのですが、手ぬぐいとキャップでは少し違った雰囲気の仕上がりになるものですね。

またのご注文をお待ちしております。いつもありがとうございます。

■ 特別注文のお問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

 

手ぬぐいサイクルキャップ 【ゴート】 *別注

6月 19, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【ゴート】 *別注 はコメントを受け付けていません。

特別注文でいつもサイクルキャップを依頼してくださる常連さん。持ち込んでいただいた2本目の手ぬぐいは、マウンテンゴートと思われる大胆なデザインのイラストです。

サイクルキャップが完成しました。

常連さん、いつもご注文、どうもありがとうございます!

16ucp_tsuno

16ucp_tsuno_2

■ 特別注文のお問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

手ぬぐいサイクルキャップ 【漢字】 *別注

6月 17, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【漢字】 *別注 はコメントを受け付けていません。

新緑にサイクリング。自転車が気持ち良い季節です。

この時期に決まってサイクルキャップをオーダーしてくれるお客さんがいます。ちょうど一年ぶりのご注文は手ぬぐい3本持ち込みでサイクルキャップ3枚の製作依頼です。

まず1本目の手ぬぐいは「漢字」柄。完成したキャップのデザインは漢字の大小文字バランスが絶妙となりました。外国人の方には大人気になりそうなキャップですね。

それにしてもお客さんの「手ぬぐい選び」のセンスがキラッと光ります。

毎度ありがとうございます。

■ 特別注文の問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

16ucap_kanji_cap

 

16ucap_kanji_tngi

ベアレン手ぬぐいサイクルキャプ! *別注

6月 13, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ベアレン手ぬぐいサイクルキャプ! *別注 はコメントを受け付けていません。

ucp_brcap600_2

ビール文化と日本酒文化に造詣が深い旧友から依頼のミッション、手ぬぐいサイクルキャップが完成しました。

手ぬぐいは持ち込みです。彼が大切にしている「ビール、ベアー、ベアレン」の注染手ぬぐいでした。

大胆に描かれたデザインがとても印象的な愛らしい手ぬぐい。この素敵な柄をサイクルキャップのデザインに上手に生かすことができるのか?
カッティングパターンを決めるのに苦労しました。

先日、完成品を受け取った旧友はとても喜んでくれました。

ご注文、どうもありがとうございました。

(*)旧友は決して単なる飲兵衛ではございません。マウンテンバイクの黎明期から旨い酒を飲むために自転車に乗っている、1980年代からの素晴らしい友人です。

ucp_brcap600_1

★問い合わせ: 白猫屋 or ナット&カンパニー

布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋

10月 26, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  布多神社つくる市 2015.11.1 で会いましょう!白猫屋 はコメントを受け付けていません。

初めての出店ですので、どんな様子になるのかわかりませんが、来る2015年11月1日、「布多神社つくる市」(東京都調布市)に「白猫屋」で出展します。ロングテールバイク(自転車)に積み込んでも持っていく商品は、手ぬぐい&ヘンプのサイクルキャップ、新作ヘンプサコッシュ、リフレクト反射もの、アップサイクルグッズなどなど。インターネットのショッピングサイトから飛び出して、ユーザーの方とのリアルにつながることを楽しみにしています。調布方面にポタリングのご予定のある方、お気軽にお立ち寄りくださいませ。
*今年は11月28日、深大寺の手作り市にも参加を予定しています。

ichi_img1

ichi_img2

ページ:12345678»

Twitter

  • https://t.co/T5eN1PoiXF午前7時。気温24℃。やや強めの爽快な風に吹かれて、朝の #自転車ライド へ。 #東京 #世田谷 成城3丁目の国分寺崖線から望む西の空。富士山は雲の向こうに。 #自転車のある生活 https://t.co/6u4JeTIfeA
    about 18時間 ago