Browsing articles tagged with " アップサイクル"

ウールサイクルキャップ 2017新作 Pendleton Upcycled

1月 26, 2017   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 白猫屋  //  ウールサイクルキャップ 2017新作 Pendleton Upcycled はコメントを受け付けていません。

白猫屋の新作サイクルキャップは米国ペンドルトン社が1960年代に製造した100%ウールのシャツをアップサイクルしたものです。今年のモデルでは薄いライトウェイトの裏地を貼りました。毎度のことですが、1点モノの製作です。いつも少量生産で申し訳ございません。ご縁のある方、サイクルキャップに生まれ変わったビンテージな味わいをよろしくお願いします。白猫屋でお待ちしています。 → 白猫屋

バンマスのWOOLサイクルキャップ

1月 12, 2017   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  バンマスのWOOLサイクルキャップ はコメントを受け付けていません。

古いつき合いの自転車仲間、愛情をこめて僕らが「バンマス」って呼んでいるナイスな男がいるんだよね。自分で自転車のパーツをちょくちょく交換、お気に入りにカスタマイズしている。ちょっと不思議なセンスを持っている。出来上がった自転車はいつも僕らを楽しませてくれる。

その彼がわが社の「アップサイクル・プログラム」のことをどこからか聞きつけた。着なくなったハリスツイードのコートがあるから、その生地を使ってサイクルキャップを作ってくれないかなぁ、と相談があった。

それから、何か月か経った。彼が持ってきたコートはブルックスブラザース社製のハリスツイードの立派な代物。穴も生地の摩耗も汚れもないじゃないですかぁ。まだじゅうぶん着ることのできる状態。これ、つぶすの?まだ着れるコートを切り刻んでサイクルキャップをつくるの?なんてことは我社のポリシーに背く行為。丁寧にお断りした。

返却しようとしたら、バンマスはもう着ないと言う。では誰か着てくれる人を探すことにしよう。高価で暖かいブランド品のハリスツイードのコートだからね。何人かに声をかけてみたら義理の弟が名乗りを上げた。彼の住む北海道へ送った。サイズもぴったりでたいそうお気に入り。聞けば毎日着ているらしい。不用品のリサイクルに一役買ったわけである。

話しはそこで終わらない。コートの里親が親戚なので、バンマスへは何かお返しするのが筋だろう。

義理を欠いてはいけない。”お返し”を考えた。ウールシャツをアップサイクルしたサイクルキャップをお返ししよう。シャツは俺が着ていたPENDELTON社製1960年代のウール100%のもの。何年か前に穴が開いて着られなくなったとき、それをつぶしてサイクルキャップを2つ作った。その生地がまだ残っていた。あと2つ分作れそうだったので、1つ分をバンマスのサイクルキャップ製作にあてた。

そしてキャップは昨日完成!
今日、ポストへ投函した!

バンマスの大きな頭が無事に収まると良いのだが・・・・。

自転車タイヤチューブから輪ゴム

10月 25, 2016   //   by Hilo   //   Blog  //  自転車タイヤチューブから輪ゴム はコメントを受け付けていません。

161024_retirex600

パンク→修理。パンク→修理。パンク→修理。最後に修理できなくなったタイヤチューブは「輪ゴム」にアップサイクルしています。

ご覧の写真のように1本のタイヤチューブから、なかなか大量の輪ゴムを切り出すことができます。どこの家にもあるような普通のハサミで輪ゴムを生産します。

出来上がったタイヤチューブ再生輪ゴムの使用用途はいろいろです。僕らはおもにコードやテープを束ねたり、白猫屋で出荷するリペアパーツの包みをまとめたりするのに使っています。

けっこう使っているので半年くらいでタイヤ1本分のチューブ輪ゴムはなくなります。在庫が少なくなるとガレージから「もうこれ以上使えない」チューブを引っ張り出し、チョキ、チョキ、チョキと、輪ゴムを作ります。

皆さんもぜひタイヤチューブ再生輪ゴムを作ってみてください!

のぼり旗アップサイクル・サコッシュ

9月 6, 2016   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  のぼり旗アップサイクル・サコッシュ はコメントを受け付けていません。

シロクマさんから「のぼり旗をアップサイクルしたいんだけどね。」とご依頼がありました。シロクマだからといって仕事を断ることはいたしません。同じ地球に生きる「宇宙船地球号」の乗組員ですからね。

16ucsako_sw_gam

のぼり旗はシロクマさんの所属する自転車チーム「アラスカワークス」のものでした。シロクマさんは日本語が堪能なようでカタカナのチーム名が全面にプリントされていました。

自転車乗りのシロクマさんのリクエストは、サコッシュをお作りいただきたいということと、のぼり旗のポールを通していたスリーブを残していただきたいという2点でした。

フラップと内ポケットとキーチェーンも付けることにしました。

160905_swsakopk_600

黒と白ののぼり旗を一枚づつお預かりして、それぞれ一個づつのサコッシュができました。余りの生地は写真のように意外と少ないです。

160905_swsakobk_600160905_swbner_600

仕上がったサコッシュを、昨日、北の国のシロクマさんへ自転車で届けてきました。たいそう喜んで頂き、こちらもとても嬉しくなりました。「今度、みんなで白熊アイスを食べましょう」と約束してシロクマさんとは別れました。

シロクマさん、またのご依頼をお待ち申しております。

★アップサイクルのご用命はこちらへ → ナット&カンパニー

祖師谷商店街アップサイクル2016

8月 22, 2016   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  祖師谷商店街アップサイクル2016 はコメントを受け付けていません。

16ssgy10anv_flg

小田急線の祖師谷大蔵駅(東京・世田谷区)周辺の三つの商店街が一緒になってできたウルトラマン商店街も早いもので10周年。

商店街の10周年記念フラッグをアップサイクルしてオリジナルバッグを制作するプロジェクトの依頼がありました。

バッグの製作は世田谷区に住む主婦の方々が担当しました。そして、バッグはこんな風に出来上がりました。

16ubg_ssgy10anv

完成したバッグは全部で100個。段ボール箱2個に納めて、自転車で配達してきました。

16ubg_ssgy10anv_deli

ちなみに自転車は荷物がたくさん積めるカーゴバイクです。ロングテール・バイク(自転車)とも呼ばれています。荷物の配達、家庭のお買い物にとっても便利です。

★アップサイクルのお問い合わせ。→ ナット&カンパニー

白熊サイクルキャップ from 手ぬぐい

7月 16, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  白熊サイクルキャップ from 手ぬぐい はコメントを受け付けていません。

16_tngcp_srkm600_2

白熊の親子からサイクルキャップの注文を受けてビックリしています。

シロクマ親子のお父さんシロクマは北海道旭川の旭山動物園の生まれだそうです。お母さんシロクマは九州の福岡生まれということですが、南国のシロクマはアイスしかお目にかかっていないので本当のところは良くわかりません。最近メキメキと自転車のウデが上達しているという息子さん。シロクマが自転車に乗るイメージがイマイ想像できないので困っています。

白熊一家のご注文は手ぬぐいからサイクルキャップを製作せよ、というもの。お持ち込みいただきました手ぬぐいは3本。同じ柄のものです。聞けば、お祭りでいつも使っているものとか。手ぬぐいのデザインもシロクマでした。

手ぬぐいサイクルキャップの製作はお父さんシロクマ用、母さんシロクマ用、息子さんシロクマ用のあわせて3個。同じ手ぬぐいから作るのですが「キャップの柄はすべて違ったデザインに」というのが白猫屋に課された最大のミッションでした。

ご注文をいただいてから数週間で完成しました。シロクマさん親子のサイクルキャップはこんな感じです。

夏休みの南極旅行にはなんとか間に合うそうなので安心しました。

シロクマさん、この度はご依頼どうもありがとうございました。

16_tngcp_srkm600_1

手ぬぐいサイクルキャップ 【鱗文様】 *別注

6月 20, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【鱗文様】 *別注 はコメントを受け付けていません。

16ucp-snkk-cp

白猫屋で承っている特別注文のサイクルキャップは、頭のサイズをお聞きしてから製作します。キャップの後に程よい強さのゴムが入っていますので5センチくらいまでのアタマの大きさには対応可能です。

常連さん、3本目の注染手ぬぐいは伝統的な「鱗(ウロコ)文様」。少し小さめのサイズをリクエストしてくださったので、おそらくどなたかへのプレゼントかもしれません。余計なお世話かもしれませんが。すみません。

サイクルキャップのパターンは3パネルというご要望でしたので、細かな連続する全面柄の手ぬぐいから切り出すデザインを慎重に検討。柄は同じなのですが、手ぬぐいとキャップでは少し違った雰囲気の仕上がりになるものですね。

またのご注文をお待ちしております。いつもありがとうございます。

■ 特別注文のお問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

 

手ぬぐいサイクルキャップ 【ゴート】 *別注

6月 19, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【ゴート】 *別注 はコメントを受け付けていません。

特別注文でいつもサイクルキャップを依頼してくださる常連さん。持ち込んでいただいた2本目の手ぬぐいは、マウンテンゴートと思われる大胆なデザインのイラストです。

サイクルキャップが完成しました。

常連さん、いつもご注文、どうもありがとうございます!

16ucp_tsuno

16ucp_tsuno_2

■ 特別注文のお問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

手ぬぐいサイクルキャップ 【漢字】 *別注

6月 17, 2016   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【漢字】 *別注 はコメントを受け付けていません。

新緑にサイクリング。自転車が気持ち良い季節です。

この時期に決まってサイクルキャップをオーダーしてくれるお客さんがいます。ちょうど一年ぶりのご注文は手ぬぐい3本持ち込みでサイクルキャップ3枚の製作依頼です。

まず1本目の手ぬぐいは「漢字」柄。完成したキャップのデザインは漢字の大小文字バランスが絶妙となりました。外国人の方には大人気になりそうなキャップですね。

それにしてもお客さんの「手ぬぐい選び」のセンスがキラッと光ります。

毎度ありがとうございます。

■ 特別注文の問い合わせ: ナット&カンパニーのContactから

16ucap_kanji_cap

 

16ucap_kanji_tngi

ポテチ袋のアップサイクル。高校家庭科資料集に

6月 15, 2016   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  ポテチ袋のアップサイクル。高校家庭科資料集に はコメントを受け付けていません。

16ucp_hula01

東京書籍と聞いて思い出すのは高校生時代の確か日本史の教科書でしょうか。教科書出版でお馴染の東京書籍さんの高校家庭科教材に「家庭科資料集」という本 があるそうです。来年度2017年発行の資料集には「エシカルファッション」の特集が組まれているそうで、アップサイクルの事例もいくつか紹介される予定 です。

先日、この家庭科資料集の女性編集者の方から連絡をいだきました。僕らが取り組んでいるポテトチップス空袋のアップサイクルを紹介していというものでした。もちろん快くお引き受けしました。

エシカルファッションの事例としてアップサイクルを紹介するのは、高校生にも身近な商品が再生リサイクルされていることを知ってもらい、環境問題や消費のあり方について考えてもらうためということでした。素晴らしいですね。

どこかの地域、どこかの学校で、ポテトチップス空袋のアップサイクル製品が掲載された本を見ることができますね。嬉しいです。

★アップサイクル・プログラムに関する問い合わせ: ナット&カンパニー

ページ:1234567...14»