Browsing articles in "Friends"

PEP CYCLES ペップサイクルズ

2月 13, 2017   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  PEP CYCLES ペップサイクルズ はコメントを受け付けていません。

星の数ほどある東京の小さな商店街。こんなところでばったり会う、友人との遭遇は嬉しいものです。

このあいだも谷中の商店街でそんな偶然がありました。相手は自転車仲間のエビネさん。マウンテンバイクのプロショップ「トレイルストア」のメカニックをしていたこともあり、トーキョーバイクの創立当初のメンバーとして数々の名車を生み出してきた男で、ライフスタイル自転車の提案に抜群のセンスを発揮してきたナイスガイです。

お互いビックリして、久しぶりの再会を喜びました。

前方から走ってくる美しいシルバーの自転車を発見したのは僕でした。乗っている人もなかなか派手な感じの個性的な・・・って、オレの知り合いじゃないのよ!

メッキの施されたシンプルな自転車は、エビネさんが立ち上げた新ブランド、PEP CYCLES ペップサイクルズのプロトタイプでした。今年リリース予定の1stモデルのイメージがこの自転車です。たぶん。スポーティなコミューターといった感じの玄人好みのテイストで仕上がっていました。彼の今まで経験とライフスタイルに敏感なセンスがこの自転車にたっぷり詰まっています。カッコいいです。気になる方はPEP CYCLESを要チェックです。

みさと屋 野菜食堂 @東京調布

1月 30, 2015   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  みさと屋 野菜食堂 @東京調布 はコメントを受け付けていません。

f_misatoya_2015

みさと屋さんは「有機野菜」、「無添加食品」等を扱っている八百屋です。奥をのぞくとけっこう広いスペースの食堂があります。お店の食材を使った美味しいご飯を食べさせてくれる自然食レストランです。

僕の場合は、旨い揚げ物が食べたいときに自転車を飛ばしてみさと屋さんへ行きます。日替わりのベジタリアン揚げ物はそれはもう絶品です。ぜひ一度お立ち寄りください。きっと病みつきになると思います。

店主の藤川さんとは2012年、多摩川の放射性物質の調査プロジェクトへ参加したのがご縁で知り合いました。それからはこの活動を進める仲間としてご一緒させてもらってます。

市民活動の情報もみさと屋さんにはたくさん集まってきます。さらに、お店の書棚にはフラワーチルドレンが喜ぶエコロジーな蔵書が溢れています。要チェックです。

そして、一部の自転車愛好家に絶大な支持を得る自転車生活フリーペーパー「Hangover」が手に入る唯一のオーガニックレストランでもありますよ。

なお、みさと屋さんの詳しいことはウェブサイトでどうぞ。

みさと屋 野菜食堂
Tel: 042-487-1714
東京都調布市布田2丁目2-6
定休(日曜・祝日)

インド料理 アヒリヤ青山 オープン

8月 25, 2014   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  インド料理 アヒリヤ青山 オープン はコメントを受け付けていません。

14blg0825

友人夫婦、アミターブとチーちゃんが3店舗目のインド料理店を東京南青山に出しました。「AHILYA(アヒリヤ)青山店」です。

アヒリヤと言えばインド大使館御用達。マハラジャも立ち寄ることのあるインド料理店です。

個人的には旨いダールカレーとバスマティライス、はたまたベジタブル・ビリヤニなんぞを美味しくいただいております。

本場インドの味をリーズナブルプライスで満喫できますので気になる方はぜひお立ち寄りください。

南青山3丁目交差点からすぐ。
最寄駅は地下鉄銀座線「外苑前」です。

●AHILYA アヒリヤ青山店 03-3470-0351
東京都港区南青山2-27-18 パサージュ青山1F
11:30-15:00, 17:30-23:00
無休

RAM’S BICYCLE SHOP ラムズバイシクルショップ

8月 7, 2014   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  RAM’S BICYCLE SHOP ラムズバイシクルショップ はコメントを受け付けていません。

ramsbicycle_2014

ここは神奈川県大和市南林間。住宅地の中にある自転車屋さん「バイシクルショップ・ラムズ」さん。

店主の堀さんは1970年代、ファッションを通して数々のアメリカンカルチャーを日本に紹介していた会社、VAN(ヴァン・ジャケット)に勤務していた。貯まっていた有休を使って2週間ほどイエローストーンを自転車旅行。帰ってきたら堀さんの席がなくなっていた。VANの仲間たちが自転車狂の堀さんを称賛して語り継がれているエピソードのひとつだ。実のところは休暇中に移動人事があったということらしいが。

自転車センスが高く評価され、マガジンハウスの雑誌『POPEYE』の自転車特集に協力することも多かったとか。堀さんが誌面に登場することもあって初期の雑誌作りに深く関わっていたそうだ。

堀さんの出会いは僕が大学生だった10代の頃。バイトをしていた町田JORNAアメリカ村『THE SHAPES(シェイプス)』という小さなアウトドアウェア輸入販売店だった。

店主の大隅さんは堀さんのVAN時代の先輩。VANが倒産して堀さんもお店を始めたばかりの頃、フランス製のサイクリングシューズ『PATRICK(パトリック)』を抱えててお店に訪ねてきた。「カジュアルでもカッコ良く履けそうだね」ってことで商談成立。早速お店で売ることに。黒いスムースレザーにパトリックの白い2本ラインが踵の外側に入ったなかなか洒落たシューズだった。

1980s PATRICK cycling shoes, RAM's

1980s PATRICK cycling shoes, RAM’s

自転車文化と普段の生活を上手にコンビネーションする堀さんのセンス。とてもユニークで刺激的だった。

堀さんとは縁があった。同じく学生時代。メンズクラブのイギリス特集に載っていたケンブリッジ大学の学生が乗る自転車。これを作ってもらおうと自転車の師匠の知り合いに雑誌の切り抜き写真を渡して頼み込んだ。人生初のオーダーメイド自転車の製作を引き受けてくれたのはなんとRAM’Sさんだった。自転車の師匠も実はVANの元社員で堀さんと同じ部署で働いていたことがあった。世の中は狭い。

さて、かれこれ30数年前に作ったRAM’Sの自転車(スポルティーフ)。未だ現役。はがれて無くなってしまったRAM’Sのヘッドシールを頂きに堀さんのお店へ伺った。十数年ぶりに会う堀さんはお変わりなく元気だった。お店は相変わらずの1980年代のアメリカの雰囲気が漂う。

在日米軍向けのハウスが残っていた1980年代の南林間を感じさせてくれる素敵な自転車屋さんです。

RAM’S BICYCLE SHOP(ラムズバイシクルショップ)
Tel/Fax: 046-274-5147
神奈川県大和市南林間8-17-14
平日:12:00~19:00 土・日・祝日:10:00~19:00
定休日    木曜日

トレイルストア10周年 2004-2014

3月 11, 2014   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  トレイルストア10周年 2004-2014 はコメントを受け付けていません。

オフロード自転車専門店、東京三宿のThe Trail Store トレイルストアが今年(2014)で10周年!
何やら10周年を記念してオリジナル製品のリリースやご機嫌なイベントが続々開催されるようです。

トレイルストアにちょっとご無沙汰してる方、一度はのぞいてみたいと思っている自転車オフローダーの方、この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。そして店主の(和田)ハジメちゃんにマウンテンバイクの奥深い楽しみを伝授してもらってください。 → トレイルストア

14blg0228a

14blg0228b

釧路湿原マウンテンバイク・クラブ

8月 14, 2013   //   by Hilo   //   Friends  //  釧路湿原マウンテンバイク・クラブ はコメントを受け付けていません。

2010年春。知人の誘いで初めの釧路湿原トレイルライドを体験。360度パノラマのとんでもないスケールの絶景にすっかりヤラれてしまいました。只々立ち尽くすのみ。 太古の原野にタイムスリップしたトレイルライドはまさに”天にも昇る気持ち”にさせてくれました。 何度か体験したことのある北米の圧倒的なスケールのマウンテンバイクトレイルに匹敵するものがあります。

この素晴らしい偉大な釧路湿原の環境を支え、マウンテンバイクの素晴らしさを伝えているのが「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」の代表、沢田さんとクラブのメンバーたちです。活動は(雪の降る冬季ももちろん)地元の方々と情報交換しながら湿原の自然環境を守り、トレイルを整備し、維持管理を欠かさず、一年間を通して(もちろん雪に被われる冬季も)マウンテンバイクを思いっきり楽しむなど多岐にわたっています。希望の方にはローカル釧路のマウンテンバイクのガイドツアーも提供しています。

釧路のオフロードライドの奥深さが気に入って、東京在住ながら僕は「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」に籍を置かせてもらうことにしました。年に一度か二度しかクラブの活動には参加できませんが、それでもじゅうぶん価値のある釧路湿原のマウンテンバイクライドだと思っています。時期を選べば羽田-釧路の往復航空券と宿泊のパッケージツアーで3万円を切るものもありますからね。

人生が変わるほどの感動と自転車体験。一度は釧路湿原のマウンテンバイクガイドツアーをお薦めします。コンタクトは「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」へ。

f_釧路MTBクラブ_2013

Cosset-Bag コゼバッグ

6月 6, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends, 白猫屋  //  Cosset-Bag コゼバッグ はコメントを受け付けていません。

コゼバッグの千絵さんとは2008年8月の Tokyo Night Bike Groove トーキョー・ナイト・ライド・グルーヴ(シークレット・バイシクル・ソサエティ主催の自転車の闇グループライド)からの付き合いになります。

集まった他のメンバー同様、彼女も自由で優しいラブ&ピースな心の持ち主でやはりシングルスピードの自転車乗りでした。年代は違いますが彼女とは生き方の波長があって、また共通の自転車仲間がいたりしてすぐに友だちになり、何となく交流が続いています。

彼女がメッセンジャーバッグのスーパー・クリエイターだと知ったのは会ってしばらくしてから。思い出せば、友人たちの多くが特製コゼバッグを気に入って使っていました。

デザインの良さ、作りの頑丈さはもちろんですが、使い手を選ばない万人向けの使い勝手の良さ、修理やリペアにも快く応じてくれるなど、コゼバッグの千絵さんの消費者フレンドリーなモノづくりのポリシーが使う人に幸せを運びます。

★コゼバッグのウェブサイト → Cosset-bags
★コゼ千絵さんのブログ → コゼブログ

555nat friends cosset-bags 2013

コゼバッグのモノづくりポリシーと千絵さんのセンスに惚れて白猫屋では2010年から「特製サイクリング防水パース」の製作をお願いしています。すべてカラーリングの違う1点モノ。少量ですがショッピングサイト「白猫屋」販売しています。よろしければのぞいてくださいな。 → 白猫屋

Rew10works リューテンワークス

3月 4, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  Rew10works リューテンワークス はコメントを受け付けていません。

白猫屋のウェブマスターは猫と谷中の事情通。彼女がネットサーフィンで見つけて「気になる職人お気に入りリスト」の上位にランキングされていたのが谷中の小さな工房で仕事を始めたばかりのRew10worksリューテンワークスでした。

僕が初めて会ったのはそれからだいぶ時間が経った谷中「古美術上田」さん。展示受注会の会場でした。合同で展示受注会を開催していたゴゼバッグさんから紹介していただきました。Rew10さんからは骨太の自転車づくりの哲学といかにも頑丈なそうなピッカピカの自転車に、並々ならぬ職人魂を感じました。

それから何年かして谷中から世田谷・三軒茶屋近くに工房が引っ越してきました。
Rew10worksのウェブサイトからはとても気軽に工房を訪ねるなんてとんでもないような敷居の高さを感じるかもしれません。でもそんなことはまったくありませんのでご安心を。一般常識を持つ人間には丁寧に自転車づくりの相談にのってくれます。

職人気質のプンプンする自転車づくりに興味のある方はぜひRew10worksさんの工房をお訪ねください。

friends_rew10works

CHUMS表参道フラッグシップストア

1月 30, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  CHUMS表参道フラッグシップストア はコメントを受け付けていません。

知り合いが表参道にお店を出した。チャムスCHUMS表参道フラッグシップストアだ。2012年12月8日のオープンに先駆けて関係者のお披露目があった。お店はアメリカの雰囲気あふれるアウトドアショップ。懐かしくもあり、解放的な居心地の良さもある。他のアウトドアブランドの旗艦店にありがちな「気負い」「ヤリ過ぎ」「勘違い」がなくてちょっと安心した。

建物は奇麗なユニット構造。最小限のユニットに分解し、トラックに乗せ簡単に移動と移築できるそうだ。 取り壊しの際に大量の産業廃棄物を出さずに済むわけだ。ミニマムインパクトを意識した先進的な建物のお店が気に入った。

久々に会う社長とベテランのスタッフたち。小さな事務所で忙しく動き回っていた頃と変わらない人懐っこさとアットホームな笑顔で迎えてくれた。たくさんの若者たちに支持されて成長した現在も、チャムスのスタッフたちのユーザー目線のあったかい人間性とアウトドア・レクリエーションを愛する心に変わりはなかった。
そんなスタッフの想いが製品に反映された開放感のあるチャムス・ブランドは本格アウトドアブランドとは一線を画している。復刻品頼みの老舗アウトドア・ブランドの怠慢な製品づくりの対局に、創造的に富み、アウトドア・レクリエーションの何たるかをよく理解しているチャムスがある。

熱狂的なチャムス・ファンも、そうでない皆さんも、居心地の良いお店と製品を体験しにぜひ表参道フラッグシップストアへどうぞ。

チャムス表参道旗艦店の店内(1)
チャムス表参道旗艦店の店内(1)
チャムス表参道旗艦店の店内(2)

チャムス表参道旗艦店の店内(2)

 

NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動【体験会】

11月 9, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Friends, 環境  //  NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動【体験会】 はコメントを受け付けていません。

NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動の体験会。毎月第1日曜日の開催です。
活動に関心のおありの方はぜひ一度、体験会にお越しください。
体験会の参加は無料。事前申し込みが必要です。
申し込み先はこちら。→ 特定非営利活動法人「法政クラブ」マウンテンバイク

特定非営利活動団体「法政クラブ」マウンテンバイクの体験会

ページ:1234»