無地とチャックの襟の擦り切れた1970年代ペンデルトン製ウール100%のシャツ。
世田谷区の古着回収か、スクラップになるはずだったけれど、アップサイクルしてみました。

それぞれの左腕部分の生地を使ってスタンダードな4パネルデザインのサイクリングキャップを試作。
綿とウールとでは素材の伸縮性が違うせいなのでしょうか、同じ型紙なのにウールのキャップのほうがデカいサイズになってしまいました。

家庭用ミシンで簡単に作れるのですが、しばらく 試行錯誤が続きそうです。

Upcycled wool cap
ダメージが大きく着れなくなったウールシャツをアップサイクル
破れウールシャツからサイクルキャップ