環境負荷の少ないデンタルフロス。しかも経済的

6月 10, 2018   //   by Hilo   //   Blog, 環境  //  環境負荷の少ないデンタルフロス。しかも経済的 はコメントを受け付けていません。

行きつけの歯医者さんから薦められ、デンタルフロスを使い始めてから20数年。

北米に行ったときは必ずドラックストアかスーパーマーケットに立ち寄り、いろんなブランドの多種多様なフロスを買ってきます。帰国後、その違いを楽しみながら使うというのが半ば趣味のようにもなっています。

ただ、フロスを使いきった後にプラスチック製の収納ケースを捨てるのが、なんとも気が引ける。アメリカだと詰め替え用のフロスが売っていて、ケースを捨てずにくり返し使えたはず。

日本ではフロスの収納ケースは使い捨て。消費者が勝手にフロスを詰め替えるのは法で認められてないのか、詰め替え用リフィルを見たことはありません。

プラスチックの収納ケースが繰り返し使えたら、無駄がなく経済的なのにね。

そんなことを思っていたら、数年前、いいフロスを見つけました。

Eco-Dent社の Gentle Floss です。

収納ケースが紙製で、リサイクルに出せます。しかもフロスの長さはなんと100ヤード、91.44メートル。一般的な製品の3倍超の長さです!

さらに、フロスのミントワックスは100%ビーガン。経済的でエコフレンドリーです。

使ってみると、歯に優しいナチュラルなフィーリングです。

このデンタルフロス、海外のメールオーダーを利用すれば入手が可能です

Comments are closed.

Twitter

  • 朝一番。3ヶ月に一度の歯の定期検診。帰る途中の公園の紅葉スポットをチェック。まだ緑。 #砧公園 #setagaya #tokyo #xtracycle #everydayadventure #cyclelife #bikelife… https://t.co/vqDynNPvzJ
    about 2日 ago