Browsing articles in "Blog"

リネン布回収。多摩川の水の放射能調査。2018.1.17

1月 17, 2018   //   by Hilo   //   Blog  //  リネン布回収。多摩川の水の放射能調査。2018.1.17 はコメントを受け付けていません。

2018年1月17日。雨の予報が出ておりましたが、『リネンによる河川水放射線調査』のリネン布回収は何とか雨に当たらずに済ますことができました。

本日も、多摩川の調査地点まではロングテールバイク(=荷物がたくさん積めるカーゴ自転車)で。

河川敷と土手の放射能は以下の数値でした。

▲ 河原線量(地上5センチ) 測定器DC100

▲ 土手線量(地上1m) 測定器DC100

リネンによる多摩川の水の放射能調査。2018.1.14

1月 14, 2018   //   by Hilo   //   Blog, 環境  //  リネンによる多摩川の水の放射能調査。2018.1.14 はコメントを受け付けていません。

2018年1月14日。自分も参加している市民環境調査団体「たまあじさいの会」の取り組む『リネンによる河川水放射線調査』。東京都世田谷地区を担当しているもので、本日、多摩川の砧浄水場取水口付近の調査地点にリネン布を設置してきました。

この調査は毎年2回、多摩川の上流から東京湾へ至る河口までの15地点で実施しています。僕の担当する世田谷の調査地点では毎回、放射能が検出されています。なぜなんだろう?と、いつもその原因を探っているのですが、はっきり解りません。ただ、身近なところにまだ放射能が存在しているのだということが確認できます。今回の調査結果で、放射能の数値がどうなるのか興味深いところです。

多摩川の調査地点までは自転車で20分です。いつも、ロングテールバイク(=荷物がたくさん積めるカーゴ自転車)に、ゴム長靴やらリネン布やらペグやらビニール袋やらガイガーカウンターやらを積み込んで出かけます。とても便利です。

設置したリネンは、72時間後に回収します。それを乾燥させてゲルマニウム半導体測定器を使って放射能を測定分析します。

結果は後日、たまあじさいの会のウェブサイトで公開予定です。

2018年もよろしくお願いします。

1月 2, 2018   //   by Hilo   //   Blog  //  2018年もよろしくお願いします。 はコメントを受け付けていません。

昨年ご縁があってお世話になった皆様、どうもありがとうございました。

2018年も引き続きアップサイクルはじめ、快適自転車生活やDIY支援に精進してまいります。変わらぬご愛顧のほどをよろしくお願いします。

寒さ厳しき折、くれぐれも体調を崩されぬようお過ごしください。

ナット&カンパニー/白猫屋より

P.S.
昨年、仲間に誘われて「人生初の米作り」を経験しました。上の写真は1920年代のハワイの稲作風景です。水牛の助けを借りて田んぼを起こしていますが、僕らの稲作は2月の田起こしに始まり、11月の収穫まで、すべて人力です。しかも無農薬・無肥料栽培。1年間の米作りを通して、毎日を積みかさねることの大切さ、自然の恵み、収穫の大きな喜びをあらためて実感しました。
今年は米作りの野良仕事を見習い、毎日コツコツと新たなアイディアを加えてアップサイクルを企画提案していきます。
皆様にとって良い年になりますように。
2018.1.1
森本ヒロフミ

バンフ映画祭アップサイクルバッグ2017

12月 11, 2017   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  バンフ映画祭アップサイクルバッグ2017 はコメントを受け付けていません。

今年も「バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル」(バンフ映画祭)東京会場のアップサイクルバッグを製作しました。このバッグは昨年の映画祭で飾られていたバナー(屋外フラッグ)から作ったリサイクル(アップサイクル)製品です。

今年のバッグのデザインは大小2種類、2色のカラーバリエーションがあります。

このバッグは非売品ですが、入手できないわけではありません。手に入れる方法はまず、東京会場でバンフ映画祭を観て、アンケートに答える必要があります。アンケートを投函してくださった方の中から抽選で、運が良ければアップサイクルバッグを手にすることができます。今年は既に抽選も終わり、75名のラッキーな当選者の元へ発送されているはずです。

バッグの素材は風雨に耐えた頑丈な綿100%のワックスドコットン製です。縫製は東京都内の福祉作業所の皆さんが担当しています。

★アップサイクル★ ナット&カンパニー

試作だけのアップサイクルバッグ 【バンフ映画祭】

11月 2, 2017   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  試作だけのアップサイクルバッグ 【バンフ映画祭】 はコメントを受け付けていません。

使用済のバナーをアップサイクルする場合、試作品をいろいろ製作します。バンフ映画祭のバナーのアップサイクルは町田にある福祉作業所の方たちに製作を依頼しているので、彼らとアイディアを持ち寄って試行錯誤を繰り返しながら、製品デザインを決めていきます。試作品を製作したけれど、残念ながら製品製作まで至らないものもあります。このクラッチタイプのバッグもそんな試作品のひとつです。

★アップサイクル★ ナット&カンパニー

ヘンプ・サイクルキャップ 2017 白猫屋

9月 18, 2017   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ヘンプ・サイクルキャップ 2017 白猫屋 はコメントを受け付けていません。

ヘンプからサイクルキャップができます。衣服もできます。

光沢のある美しい繊維からは衣料品はもちろん頑丈なロープまで作ることができます。コットンのように、大量の水、農薬、化学肥料を使わずに栽培できるヘンプは環境負荷の極めて低い素材です。

ほかにはヘンプ(麻)からどんな製品が作られるのでしょうか。

ヘンプからは紙もできます。
現存する最古の紙は約2,100年前のヘンプ(大麻)紙です。ヘンプは1年草で毎年収穫できるので、同じ面積で木材の4倍程度の紙パルプを作れます。

化粧品や生活用品もできます。
ヘンプの種子のオイルからシャンプー、石けん、スキンケア製品を作ることができます。

それから住宅用建材もできます。
上部で長い茎の繊維を固めるとコンクリートより強度があり、軽量で断熱性の高い建材になります。

なんとプラスチックもできます。
茎のセルロースから微生物に分解されて土にかえる生分解性プラスチックをつくれます。

その他、エタノールなどのエネルギー、医療用などにも使われています。

興味のわいた方、ぜひともヘンプが原材料の製品をチェックしてみてください。

ヘンプのサイクルキャップのお買い求めは白猫屋でお待ちしております。

 

(参考資料: ヘンプがわかる55の質問~ヘンプ(大麻)の基礎知識)

1970年製パイロット万年筆の修理

8月 12, 2017   //   by Hilo   //   Blog  //  1970年製パイロット万年筆の修理 はコメントを受け付けていません。

明治生まれの祖父が晩年愛用していた1970年製のパイロット万年筆エリート。今は僕が祖父の形見として普段の筆記用具として使っています。この万年筆、ニブ(ペン先)のデザインとデカさがとっても気に入っています。

数か月前から、このデカいニブにインクのにじみが出始めました。気にせず使っていたのですが、インクのにじみが増えてきました。どこからインクが漏れているのか、ちょっとわかりません。

心配になったもので、万年筆の製造元、パイロットさんに連絡したところ、修理を受けつけてくれるとのこと。47年前のものでも大丈夫。ありがたい。宅急便で修理のやりとりもできるそうですが、東京・京橋のパイロット本社で受け付けてくれるというので持参。

本社で修理の受付、といっても修理専門の技術者の方が直接応対してくれました。万年筆のことなら何でも知ってます、って感じの頼もしいスタッフです。片手に修理道具を持って、さっそうと現れました。ほんとうにパイロット万年筆のことなら何でも知っています。

持ち込んだ万年筆は宝物でも扱うように慎重に扱ってくれます。どんな症状かを僕に訪ね、万年筆のニブをルーペなんかでのぞき込んだりして、入念にチェック。万年筆の状態を細かく診断して詳しく話してくれます。

「これはニブの接着が剥がれてきたんですね。古いペンは接着剤が劣化して剥がれてしまうんですよ。」

接着しなおせばインクのにじみはなくなるそうです。あとはとってもいい状態。安心しました。

「30分ぐらいお時間があるようでしたら、すぐに修理してお渡しできます。お待ちになりますか?」

僕は次の用事があり、後日受け取りに行くことにした。でも、持ち込んだその日に修理が終わって持ち帰ることができるサービス体制って素晴らしいね!

ちなみに今回の万年筆「パイロット・エリート」(1970年製)の修理料金は基本料金の¥1,000+消費税。パイロットの筆記用具修理の問い合わせウェブサイトはこちらです。

パイロット筆記用具修理お問い合わせ

パイロットの修理担当者の方、どうもありがとうございました。

バンフ映画祭2017年ワールドツアー・チケット販売開始!

8月 10, 2017   //   by Hilo   //   Blog  //  バンフ映画祭2017年ワールドツアー・チケット販売開始! はコメントを受け付けていません。

毎年秋に開催されるバンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル・ワールドツアー( a.k.a. バンフ映画祭)日本上映。今年も開催準備が着々と進んでいます。7月末にメディア&関係者向けの先行試写会があって、作品の一部を鑑賞してきました。

「バンフ・マウンテンフィルム・フェスティバル」って何なのよ、という方に簡単にご説明します。この映画祭、世界最高のアウトドア映画祭として世界的に知られています。毎年11月、カナダのバンフで開催され、世界中から応募される作品はなんと350本以上。優秀な作品が選ばれ、表彰されます。そのなかから厳選作品がワールドツアーへ。世界中をまわります。日本にも9月~11月の日程でやってくるのです。詳しくはバンフ映画祭のウェブサイトをチェックしてください。

今年はとくに見どころのある作品が多いです。障がい者が仲間のサポートでクライミングに挑む作品や主婦仲間が家族の応援を受けて手漕ぎボートで大西洋横断レースに挑戦する作品など、とくにグッとくる感動作でした。自転車がテーマの作品も2作あります。美しいです。楽しいです。

バンフ映画祭・東京会場では「親子ルーム」の用意もあります。未就学児のお子さんと一緒に映画が楽しめちゃいます。

チケットは公式ウェブサイトから購入できます。 バンフ映画祭のウェブサイト

ラルゴTシャツ 2017

8月 9, 2017   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  ラルゴTシャツ 2017 はコメントを受け付けていません。

今年もバックカントリースノーボードショップ「Largo/ラルゴ」さん(東京・新宿)の依頼でオリジナルTシャツのディレクションを担当しました。

今日はプリント工房「ブレインズ」の三原さんのところで、Tシャツのプリントの立ち合いでした。

毎年恒例です。ラルゴの店主、菊浦さんとイラストレーター、松川けんしさん、そしてブレインズの三原さんと一緒に、あーでもないこーでもないとプリントの色を決め、インクを調合し、プリントをしてもらい、次々とラルゴTシャツを仕上げていきます。

プリントのデザインはご覧のような「タコのマンボ、Uh!」。去年もこのデザインでしたが、実は海外アウトドア・メーカーのスタッフたちに大人気だったようです。インターナショナルな感覚で独自路線を突っ走るラルゴさんとイラストレーターの松川さんのコラボTシャツなので外人たちに好まれるのもわかるような気がします。

毎年、数十枚しか製作しないラルゴTシャツです。品質とセンスと価格を考えると、とってもお買い得。去年、手に入れられなかった日本のお客さま、現物をお確かめに新宿御苑前のラルゴさんをお訪ねください。

ラルゴのビーチサンダル

7月 13, 2017   //   by Hilo   //   Blog  //  ラルゴのビーチサンダル はコメントを受け付けていません。

こう暑くてはやはり足元はビーチサンダルが良い。しかし、手持ちがないことに気がついた。

そういえばラルゴさんでブルーダイア印のビーチサンダルを作ったことがあったよなあと思い出した( Largo × Blue Dia 特別生産品)。

問い合わせてみると、幸運にも自分のサイズのストックがありました。これはありがたい。

お手軽に入手できる価格のビーチサンダルですが、奇才イラストレーター、松川けんし氏の書き下ろし「雪だるま」がレーザー刻印された貴重なビーサンです。女子の小さいサイズを含めて4サイズ、28センチくらいまでの方なら、まだ若干数の在庫があるようです。

ページ:«1234567...35»

Twitter

  • 2018.4.26 朝の #自転車ライド 。ツツジの花、満開。昨年より1週間ほど早いです。 #サイクリング でどーぞ。 #東京 #世田谷トレイル #bikeride #bicycling… https://t.co/kSfuChRqLO
    about 1日 ago