Browsing articles tagged with " クリエイター"

広島東洋カープの手ぬぐいから・・・ 【特注サイクルキャップ】

4月 1, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  広島東洋カープの手ぬぐいから・・・ 【特注サイクルキャップ】 はコメントを受け付けていません。

0326_captenugui

広島在住の常連客さんから手ぬぐいが4本届きました。

広島東洋カープの手ぬぐいからサイクルキャップを制作してほしいとのご依頼でした。それぞれ仕上がりイメージを描いたイラストも入っています。個性的な手ぬぐいの柄から生まれるサイクルキャップを一生懸命妄想して描いてくれたイメージイラストです。

平面の手ぬぐいから立体のサイクルキャップを作ります。デザインパターンの取り都合に制約があり、思い描いたデザインの実現が難しいことも多いのですが、思いもしなかった面白いデザインのサイクルキャップに仕上がるという楽しみもあります。

さてさて、どんなサイクルキャップが生まれるのか。ボチボチ制作中です。

■ 手ぬぐい持ち込みのオーダーメイド・プログラム: ナット&カンパニーの「Contact」からどうぞ

試作リサイクルバッグ。国分町商店街@仙台

2月 17, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  試作リサイクルバッグ。国分町商店街@仙台 はコメントを受け付けていません。

商店街フラッグのリサイクル試作品ができました。

仙台のデザイン学校の学生さんが担当した素敵なフラッグデザインを活かした、イカすアップサイクル・プロダクツに仕上がりました。

全部で5アイテム。そのうちのトートバッグ2型とマルチポーチをご紹介します。

トートバッグ #01

トートバッグ #01

トートバッグ #02

トートバッグ #02

マルチポーチ

マルチポーチ

フラッグの生地をロスを出さないようにカット

フラッグの生地をロスを出さないようにカット

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

サイクルキャップ 【ワトソン】 1960s Vintage Wool

2月 12, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  サイクルキャップ 【ワトソン】 1960s Vintage Wool はコメントを受け付けていません。

僕らはこの1960年代ビンテージウールで作ったサイクルキャップを、何となく柄の雰囲気で『ワトソンキャップ』と呼んでいます。

1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材のなかでも珍しいタッタ―ソールの柄です。ざっくりした素材感を生かす1枚ものの仕立てとなっています。

ワトソンキャップ(タッタ―ソールのウール素材サイクルキャップ)のデザインは「3パネル」と「4パネル」です。

紹介記事を準備しているあいだに、4パネルのサイクルキャップが熊本へ旅立っていきましたので、申し訳ございませんが4パネルはなくなってしまいました。1点売れると在庫がなくなってしまうというのがハンドメイド1点もの生産体制の弱点となっており、皆さんいご迷惑をおかけすることも度々です。

このタッターソールのビンテージウール生地から、あと2枚ほどキャップ制作ができそうですので、追加制作を予定しています。

1960年代ビンテージウール・ワトソンキャップのお買い求めは当社インターネットショッピングサイトでよろしくお願いします。 → 白猫屋

wcap_wtsn_2015

手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #4

11月 28, 2014   //   by Hilo   //   Blog, Works, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #4 はコメントを受け付けていません。

SSJ/シングルスピードMTBジャパンオープンのレースDJのシンゴさんからツバの大きいサイクルキャップのオーダーをいただき、ハンドメイド・クリエイターのスーザン嬢は頑張りました。キャップのバランスが崩れないように細心の注意を払いキャップのツバの型紙をミリ単位で修正したようです。ご覧のようなシンゴSPECIALスタイルの手ぬぐいサイクルキャップが完成しました。依頼主に手渡すと大変喜んでいただきホッとしました。ありがとうございました。

14ssjcp4_4p_sng

14ssjcp4_sng_wblg

 

ssj4tngi-moto

 

■ 手ぬぐい持ち込みのオーダーメイド・プログラム: ナット&カンパニーの「Contact」からどうぞ

手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #2

11月 7, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, Works, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #2 はコメントを受け付けていません。

SSJ(シングルスピードMTBジャパンオープン)特製「注染てぬぐい」をお持込いただき、サイクルキャップを制作しました。SSJスタート当初からイベントを支える頼もしいボランティア・スタッフの金さんからの依頼でした。

手ぬぐいからサイクルキャップ。オーダーメイド・プログラム三人目のお客さんです。

サイクルキャップは3枚パネルで制作しました。

ssj4tngi-moto

14_ssjtngicp-3p_gam

*手ぬぐい持ち込みサイクルキャップ・オーダーメイド・プログラムのご相談はナット&カンパニーの「Contact」からお気軽にどうぞ。

手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #1

11月 2, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, Works, 白猫屋  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【SSJ】 *別注 #1 はコメントを受け付けていません。

10月に納品したSSJ特製注染てぬぐいが戻ってまいりました。偉大なる草レール「SSJ/シングルスピードMTBジャパンオープン」のボランティア・スタッフとして活躍されたTERUさんの手ぬぐいです。

手ぬぐいからサイクルキャップ。オーダーメイド・プログラムを初めて二人目のお客さんです。

わが社のヒッピークリエイター、スーザン嬢の手によりなかなかインパクトのあるデザイン柄のサイクルキャップが出来上がりましたのでご紹介します。4-パネルのサイクルキャップです。

14_ssj-tngicp_02

▼ もとの手ぬぐいはこんな柄です。

ssj4tngi-moto

▼ 被るとこんな感じ。

14_ssjtngicp-a_gam

先週金曜日に依頼主のTERUさんにお届けしました。大変喜んでくれて僕らも嬉しいです。

そして、お友だちの方、4名ほどからもバックオーダーを頂きました。ありがとうございます。

「同じ手ぬぐいから同じデザイン柄のキャップは作らない(出来ない)」とデザイン~制作を担当していますスーザン嬢が言っております。

*手ぬぐい持ち込みサイクルキャップ・オーダーメイド・プログラムのご相談はナット&カンパニーの「Contact」からお気軽にどうぞ。

SSJ特製手ぬぐいデザインと製作 【注染】

10月 21, 2014   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  SSJ特製手ぬぐいデザインと製作 【注染】 はコメントを受け付けていません。

ssj4-tngi_1

「第4回シングルスピードMTBジャパンオープン(SSJ) in 白馬岩岳」! なんて、凄そうな名前がついちゃっていますがね。

このオフロード自転車の草レース。実はすっごく楽しい仮装レース(?)なんだよね。

そして運営している人たち、みんな自転車好き。みんな手弁当。自分のプライヴェイトの時間をこの偉大なる草レースの準備のために使っているんですよ。好きこそものの何とやらと言いますが、スタッフのみなさんの情熱に頭が下がります。

僕もシングルスピーダーズの端くれ。何か少しは彼らのお役に立ちたい。そんなことを思い製作物のディレクションをさせていただきました。

そのひとつが東京下町メイドの伝統的な「注染手ぬぐい」の制作です。ディレクションのみならず、デザインもしました。

この特製の注染手ぬぐいは10月19日の行われたSSJレースの参加賞として配られました。

スタッフの方から、概ね好評だったと聞かされてひと安心しています。

スタッフのみなさんは、ほんとうにお疲れ様でした。

注染手ぬぐいの素材作りは”手書き”でなければならない。19T、20T、21T、22T、23T、24T、25Tのコグを”手書き”しました。

注染手ぬぐいの素材作りは”手書き”でなければならない。19T、20T、21T、22T、23T、24T、25Tのコグを”手書き”しました。

下町の手ぬぐい屋さんで打ち合わせ。巾約33センチ、長さ約90センチの手ぬぐいと同じ大きさでデザインを入稿。

下町の手ぬぐい屋さんで打ち合わせ。巾約33センチ、長さ約90センチの手ぬぐいと同じ大きさでデザインを入稿。

注ぎ染めのため、細かな文字のつぶれを心配していましたが、注染特有の良い感じのエッジのボケ具合になりました。

注ぎ染めのため、細かな文字のつぶれを心配していましたが、注染特有の良い感じのエッジのボケ具合になりました。

実物のコグを手ぬぐいの柄に合わせてみたらピッタリでした。職人に皆さんに感謝です。

実物のコグを手ぬぐいの柄に合わせてみたらピッタリでした。職人の皆さんに感謝です。

●ディレクション&デザイン: ナット&カンパニー

麻のサイクルキャップ。追加製作中 【白猫屋】

8月 9, 2014   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  麻のサイクルキャップ。追加製作中 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

お蔭さまで『ヘンプサイクルキャップ』の初回ロットが完売となりました。ご購入いただきました皆さん、ありがとうございます。

僕もこのヘンプ100%のサイクルキャップを耐久テストを兼ねて数か月、毎日着用していますが、サラッとして風通しの良い着用感がなんとも快適で気に入っています。

上質のヘンプ生地が手に入るうちは継続してヘンプ100%のサイクルキャップを製作販売するつもりです。

現在欠品中で皆様にはご迷惑をおかけしていますが、2ndロットの製作をボチボチペースで進めています。
もうしばらくお待ちいただきますようお願いします。
(写真のヘンプ100%サイクルキャップは「江戸紫」です。)

白猫屋より。

hempcap_edomura2

hempcap_edomura

アップサイクルバッグ試作! 【バンフ映画祭2013】

7月 23, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  アップサイクルバッグ試作! 【バンフ映画祭2013】 はコメントを受け付けていません。

『バンフ・マウンテンフィルムフェスティバル』ワールドツアー東京上映を協賛、会場提供する「ゲートシティ大崎」。ゲートシティ大崎の理事会と管理組合が毎年この国際映画祭を全面的にバックアップしています。

そのサポートのひとつが映画祭バナーの製作。映画祭にあわせて特別バナーを製作設置しています。使い終わったバナーはバッグにリサイクルされ、翌年、映画祭のアンケートプレゼントのプレミアムとして提供されています。

年が明けたあたりから、ゲートシティ大崎の担当理事さんと管理会社の環境担当者の方と映画祭サポートの打ち合わせが始まります。

「今年のリサイクルバッグ、デザインをすこし変えてみようか」とか、「容量を少し大きくしようか」とか、「取っ手をもう少し短くした方がいいんじゃないか」とか、リサイクルバッグの製作に関しても様々な意見や要望が出ます。それを春ぐらいまでに取りまとめて、できるだけロスのない(ゴミを出さない)デザインで試作品をいくつか製作します。

サンプル製作は、福祉作業所の雇用促進を目的に一緒にプロダクツデザインのプロジェクトを進めているパートナー、over the hump のクリエイター、永友さんと進めています。そして最初の試作品がこんな感じで仕上がってきました。

★バナーアップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

バナーのハトメをショルダー部に使用。

バナーのハトメをショルダー部に使用。

 

サイドビュー。

サイドビュー。

 

もう一方のサイドビュー。

もう一方のサイドビュー。

 

バッグの中を上から見たところ。

バッグの中を上から見たところ。

100%ヘンプ。麻のサイクルキャップ 【白猫屋】

7月 5, 2014   //   by Hilo   //   Blog, 環境, 白猫屋  //  100%ヘンプ。麻のサイクルキャップ 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

エコフレンドリーな自転車生活者には天然素材の中でもヘンプ(麻)素材はいつも気になる存在でしょう。

丈夫でサラッとしたヘンプ100%の素材の風合いはもちろん、農薬を使わずに110日間で生育するという自然環境への負荷が少ないこともヘンプ素材選択の大きな魅力と理由です。

リーバイスの最初のジーンズが100%ヘンプ素材で作られていましたが、白猫屋の手作りするサイクルキャップもヘンプ100%です。
カラーバリエーションは「京紫(きょうむらさき)」、「薄花(うすばな)」、「青磁(せいじ)」、「紺青(こんじょう)」、「利休(りきゅう)」、「江戸紫(えどむらさき)」の6色。大人の方にも似合う渋い色合いですよ。

1ヶ月半かけてヘンプキャップを試着し、フィールドテストを重ねた結果はコットン素材のキャップに比べ、通気性に優れ、型崩れもなくパリッとした感じです。

もちろん1点1点の手作りです。3パネルのサイクルキャップ・パターンはアメリカ人のヒッピークリエイターがデザインしたものです。

お買い求めはWEBショッピングサイト、白猫屋へどうぞ。 → 白猫屋

hempcyvlecap_2014

hempcyvlecap2_2014

 

ページ:«12345678»

Twitter

  • 除草剤 #ラウンドアップ の主な有効成分。 #グリホザート https://t.co/1lCzL3yUnl
    about 23時間 ago