Browsing articles tagged with " クリエイター"

Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012夏】

2月 19, 2014   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  Flagリサイクルバッグ 【ゲートシティ 2012夏】 はコメントを受け付けていません。

ゲートシティ大崎の使用済み「2012年サマー・バージョン」のバナー/フラッグをお買い物トートバッグにリサイクルしました。イベントやキャンペーンの際にプレミアムとしてプレゼントされると思います。

osk12ucb_1

osk12ucb_2

■依頼主: 大崎マネジメントオフィス ■フラッグデザイン: 宮原嵩生 ■イラスト: Yoko Mihagara
アップサイクル・プログラム: ナット&カンパニー

わずか16グラム。手ぬぐいサイクルキャップ

8月 27, 2013   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  わずか16グラム。手ぬぐいサイクルキャップ はコメントを受け付けていません。

クールビズや夏服があるように自転車乗りのサイクルキャップにも夏仕様があっても良いんじゃないですか。

そんなことも手ぬぐいからサイクルキャップを作るきっかけになりました。

ちどり柄の注染手ぬぐいから試作品を作って、半年間ほど使ってみて気がついたことは、綿100%のサラッとした素材感、軽さ、風通しの良さ、デザインの渋さ、繰り返しの洗濯にも耐える耐久性の高さなど。日本人が長いあいだ日用品として愛用してきた手ぬぐいの良さが、サイクルキャップの軽快で愛着の湧く使い勝手の良さに繋がっています。なかなか爽快です。

キャップの重さはMade in Italyのサイクルキャップの半分、なんと16グラムと超軽量です。

サイズ(頭まわりの大きさ)は許容範囲はそれぞれのキャップで若干違っていますのでご確認を。

お買い求めは白猫屋で。サイクルキャップはすべて1点ものとなっております。

手ぬぐいからサイクルキャップ。重量16グラム

新宿ラルゴ30周年プレミアムTシャツ

6月 29, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  新宿ラルゴ30周年プレミアムTシャツ はコメントを受け付けていません。

いつもの年より少し遅れて東京・新宿バックカントリースノーボード専門店『ラルゴ(Largo)』さんの特製Tシャツを製作しました。

今年はオリジナルTシャツに加え、ラルゴさん30周年を迎えるので記念Tシャツも同時にラインナップされました。

デザインは僕らが普段親しみを込めて松川センセイと呼ぶ松川けんしさん。円熟期を迎え、益々創作活動に勢いを増すアーチストです。最近は岐阜県からわざわざ取り寄せた酒マスを使ってかなりユニークな作品をお作りになられているそうです。

そして恒例のプリント立ち会いの日。 ラルゴ店主、KIKUURAさんと松川さんと共に世田谷三軒茶屋のプリント工房ブレインズ(BRAINS)さんに集結。 シルクプリントの現場では、あーでもない、こーでもないとプリント職人泣かせのアミ点多様、繊細デザインの”試摺り”を何度も繰り返します。

たっぷり半日、プリント色のバリエーションが決まり、微妙なインクの摺り具合の調節がすべて済み、今年のLargoオリジナル3013年度Tシャツ&30周年Tシャツが仕上がりました。

もうすでにラルゴさんの店頭とインターネット・ショッピングサイトで販売中です。

Largo-tee_2013

数独のニコリ社のプレミアム商品企画

6月 29, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  数独のニコリ社のプレミアム商品企画 はコメントを受け付けていません。

久しぶりに文房具の製品企画をしました。 数独で世界的に活躍するパズル会社ニコリさんのプレミアムグッズ「メッセージボード」です。

ボードは東京・谷中の工房「いろはに木工」さんへ製作依頼しました。

木製キューブピンは既成のものにイメージに合うデザインのものがなかったので特別注文しました。 日本国内で製作できるところを探すのにひと苦労しましたが、優秀なガビョウ屋さんとの出会いがあって上等な焼刻印ピンが出来上がりました。

小さな工房で丁寧に作られる日本生産品には特別な愛着があります。

nikoli_clipbord_2013

ゴアジャケットのアップサイクル。フードポーチ

5月 16, 2013   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  ゴアジャケットのアップサイクル。フードポーチ はコメントを受け付けていません。

デザインのアイディアは突然、”下りてくる”ものです。

使用済みゴアテックス・ジャケットのフードからアップサイクルしたポーチの見本が出来ました。

廃棄物リサイクルのデザインでパートナーを組み、福祉作業所の縫製部門への積極的な仕事の供給を一緒に画策するNGTMさんが見本作りを担当してくれました。

アップサイクル・ゴアテックスジャケットフード2013

アップサイクルプロジェクトの企画制作:ナット&カンパニー

ポテトチップス・プラスチック空袋のアップサイクル

4月 15, 2013   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  ポテトチップス・プラスチック空袋のアップサイクル はコメントを受け付けていません。

ポテトチップスの空袋1枚で1個の取り都合。
型紙を何種類も制作してカードケース(試作2号)のデザインをツメテいます。

ポテトチップス空袋アップサイクル試作2号

ポテトチップス空袋アップサイクル(試作2号)2

アップサイクルプロジェクトの企画制作: ナット&カンパニー

ポテトチップス空袋アップサイクル【カードケース】

4月 14, 2013   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  ポテトチップス空袋アップサイクル【カードケース】 はコメントを受け付けていません。

ポテトチップスのプラスチック・パッケージをアップサイクル。カードケースの試作品を作っています。

hulapckg_upcycle_red_2013

アップサイクルプロジェクトの企画制作: ナット&カンパニー

コゼバッグとリュウテンワークス合同展示受注会2013春

3月 13, 2013   //   by Hilo   //   Blog  //  コゼバッグとリュウテンワークス合同展示受注会2013春 はコメントを受け付けていません。

コゼとリュウテン合同展示受注会2013春

京都に住む長い自転車の仲間 #bltb から展示会の便りとDMが届きました。

時は4月6日、7日の二日間。
Cosset Bag ゴゼバッグ」と「Rew10works リューテンワークス」の合同展示受注会が開かれます。

会場はいつもの東京谷中・古美術上田

コゼバッグではバッグのカタチ、表のハンプ生地の色、裏地の防水ターポリン生地の色、ステッチ糸の色が自分の好きなものに指定できます。シンプルでありながら、ファッショナブル。誰も持っていない思い通りのメッセンジャーバッグがオーダーできます。

リューテンワークスではエレガントでありながら、質実剛健、頑丈でカッコいい”一生もの自転車”を作ってもらうことがでます。

コゼバッグもリューテンワークスも、作り手の誠実さが乗り移った、ものスゴイ、ものづくりに取り組んでいます。素晴らしい製品のリアリティをお手に取ってお確かめくださいな。

書き忘れましたが、コゼバッグさんには特別注文で白猫屋特製ゴゼパース(すべてが1点もの)を作ってもらってます。そろそろ在庫がなくなるので、4月の展示受注会でうちもオーダーを入れることにします。

Rew10works リューテンワークス

3月 4, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  Rew10works リューテンワークス はコメントを受け付けていません。

白猫屋のウェブマスターは猫と谷中の事情通。彼女がネットサーフィンで見つけて「気になる職人お気に入りリスト」の上位にランキングされていたのが谷中の小さな工房で仕事を始めたばかりのRew10worksリューテンワークスでした。

僕が初めて会ったのはそれからだいぶ時間が経った谷中「古美術上田」さん。展示受注会の会場でした。合同で展示受注会を開催していたゴゼバッグさんから紹介していただきました。Rew10さんからは骨太の自転車づくりの哲学といかにも頑丈なそうなピッカピカの自転車に、並々ならぬ職人魂を感じました。

それから何年かして谷中から世田谷・三軒茶屋近くに工房が引っ越してきました。
Rew10worksのウェブサイトからはとても気軽に工房を訪ねるなんてとんでもないような敷居の高さを感じるかもしれません。でもそんなことはまったくありませんのでご安心を。一般常識を持つ人間には丁寧に自転車づくりの相談にのってくれます。

職人気質のプンプンする自転車づくりに興味のある方はぜひRew10worksさんの工房をお訪ねください。

friends_rew10works

50㍉幅テープ用メッセンジャーバッグ・金属バックルの取り付け例

2月 21, 2013   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  50㍉幅テープ用メッセンジャーバッグ・金属バックルの取り付け例 はコメントを受け付けていません。

横浜にあった小さなメッセンジャーバッグ工房『BARAN(バラン)』。素晴らしくセンスの良いバッグをオーダーメイドで製作していました。しかし、ミシンを踏んでいたたった2年間ほどの短い期間。残念なことに工房を閉めてしまいました。

クイックアジャストできる、50ミリテープ用の金属製バックルは、白猫屋のものを使っていただいてました。

『BARAN』のバックル取り付けシステムは、ストラップテープの重ね縫いデザインと相まって、とても美しく、とても使い勝手が良いものでした。DIYで製作する方の参考になればと思い写真を載せました。

『BARAN』のバッグは、『Timbuk2』、『PAC Design』のメッセンジャーバッグと共に今も愛用しています。

メッセンジャーバッグ50mmバックルの取り付け例

 

ページ:«12345678»

Twitter

  • 美味しい越後のお米でこさえた #おむすび 🍙 柄の #捺染 #手ぬぐい が #サイクルキャップ になるとこんな感じ。2014年、スーザン嬢 @白猫屋 がこさえた、手づくり自転車キャップです。 #srnkytacps… https://t.co/fFuNoGypZD
    about 2日 ago