Browsing articles in "Works"

リフレクト反射ゴム製くつひも反射効果【白猫屋】

11月 12, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works, 白猫屋  //  リフレクト反射ゴム製くつひも反射効果【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

安全グッズとして白猫屋で販売中の「リフレクトテープ入りゴム製くつヒモ (3mm丸ヒモ)」。
クルマのライトや街灯に反射して、夜間や暗い場所で自分の存在をアピールします。

リフレクトテープ入りゴム製くつヒモ (3mm丸ヒモ)の反射効果【白猫屋】

■555nat.com ショッピングサイト白猫屋

渋ーい麻の葉サコッシュ

10月 25, 2012   //   by NekoAndPeace   //   Works, 白猫屋  //  渋ーい麻の葉サコッシュ はコメントを受け付けていません。

「渋い」は英語になった日本語の1つだそうです。海外でも通用するのか?ぜひ使ってみたい。
さて、わりとポップなプリント柄が多い白猫屋のサコッシュですが、こんな渋めの物も時々登場します。
なんか渋いね~。と言われることを期待しながら、使ってみませんか?

麻の葉サコッシュ

白猫屋オリジナルサコッシュ

麻の葉模様サコッシュは、只今「白猫屋」で販売中です。

モンキー自転車店559Tシャツ

7月 6, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  モンキー自転車店559Tシャツ はコメントを受け付けていません。

東京高田馬場の自転車販売店、モンキーさん。店主の今泉さんとは”流行遅れの可愛そうな自転車をいかにカッコ良く、一台でも多く、世に復活させる再生屋プロジェクトに取り組む密かな活動の数少ない仲間である。

そんな今泉さんからお店出入りのクリエイターのアートワークをTシャツにプリントしたいという相談を受けたのがつい1週間前。すぐに段取りを組み、あっという間に16枚のサンプルTシャツが刷り上がってきました。
●シルクプリント:ブレインズさん

2012ワークショップ・モンキー559Tシャツ

日本マウンテンバイク協会25周年記念バンダナ

7月 1, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  日本マウンテンバイク協会25周年記念バンダナ はコメントを受け付けていません。

日本マウンテンバイク協会の依頼で25周年アニバーサリー・バンダナを製作した。デザインはクリエイターでサイクルサッカーフリークの田中斉さんが担当。

で、僕の知る懐かしい協会設立エピソードを少し。
日本マウンテンバイク協会の発足は実は1984年である。日本で初めて開催されたマウンテンバイクイベントとして歴史に刻まれたBE-PAL「水上ダウンヒルミーティング」の開催が協会発足のきっかけをつくった。初代会長は当時のマウンテンバイクの伝道師、東京世田谷の自転車専門店「ワイルドキャット」店主の故平木さんが勤め、平木さんを取り巻く日本のマウンテンバイク文化のパイオニアたち3名が加わり、協会は4人のメンバーでスタートした。

あのトム・リッチーやチャーリス・ケリーが「水上ダウンヒルミーティング」に来日したのは日本マウンテンバイク協会とサンツアー・アメリカの河合さんの大きな功績があったからである。1984年当時のマウンテンバイク界は村のようなもので、国境を越えてマウンテンバイカーたちは強く結び、とっても熱く、とっても仲が良かった。

そんな日本マウンテンバイク・シーンの原点「水上ダウンヒルミーティング」の雰囲気を知りたければ、古本屋で古い「BE-PAL」か「フィットタイヤ・フライヤー」に掲載されたイベントリポートを見つけるか、イベントに参加した貴重なオールドスクール・マウンテンバイカーを探しだすかしか方法はないだろう。

道具も遊び方も日々進化を遂げきたマウンテンバイク。いつしか道具も遊び方も多様化し、楽しみも市場規模も大きくなった。マウンテンバイク遊びの心をどこかに置き忘れてしまって、自転車ビジネスに精を出す人たちもいる。

僕の1980年代から付き合いのある古い友人たちの多くは、時代を経ても変わらないマウンテンバイク文化を継承する何とも居心地が良い連中ばかりである。彼らがいまだ現役でマウンテンバイク遊びに夢中でいる姿はとっても心強いのである。

日本マウンテンバイク協会25周年記念バンダナ

手づくりサコッシュの別注、始めました

6月 29, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  手づくりサコッシュの別注、始めました はコメントを受け付けていません。

ハンドメイドの手づくりサコッシュ。別注製作をお受けすることができないものかなあ。そんなことを考えていましたが、ご要望があれば受けちゃうことにしました。

サコッシュの縫製は東京世田谷区在住の在宅労働を希望する美しいお母さんグループが担当します。縫いもの好きの皆さんで、縫製の腕前はピカイチです。地元の女性たちに仕事をお願いすることは、地域に住む女性の自立と雇用の促進、新しい働き方への支援にもなりますね。

先日、見本で別注サコッシュを2枚製作。リフレクト反射インクでロゴをプリントしてみました。人呼んで「リフレクター・サコッシュ」!薄手の生成りコットン100%の生地使用。別注手づくりサコッシュのご相談はこちら。●ナット&カンパニー

気軽に別注できる自転車関連雑貨として製作数量、デザインなど、依頼主と相談しながらオリジナル・サコッシュ作りのお手伝ができそうです。

別注サコッシュ(白猫屋製)始めました

ラルゴTシャツ 2012

6月 26, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  ラルゴTシャツ 2012 はコメントを受け付けていません。

バックカントリースノーボードショップ、東京新宿のラルゴさん。
毎年恒例オリジナルTシャツ(2012年度版)の刷り出しに立ち会いました。

プリントデザインは今年も松川けんし氏。松川ワールドの立体アートの繊細さがシルクプリントに見事に再現された素晴らしい出来栄え。プリンターのブレインズ、三原さんの経験が成せる業。

LARGO 2012 NEW TEE

●依頼主:ラルゴ ●プリントデザイン:松川けんし ●シルクプリント:ブレインズ ●ディレクション:ナット&カンパニー

第25回全日本マウンテンバイク選手権大会スタッフTシャツ

6月 5, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  第25回全日本マウンテンバイク選手権大会スタッフTシャツ はコメントを受け付けていません。

大急ぎの”頼まれごと”が時々ある。
誰よりも速く走って1等賞を獲るのもたいへんだが、決まった日時までに大急ぎで品物を作り上げるのは緊張を伴う失敗の許されない仕事だ。

全日本マウンテンバイク選手権大会が今年で25周年を迎えたそうである。
大会主催者から25周年記念大会のスタッフTシャツを急きょ作りたいと連絡が入った。大会当日の10日ほど前のことである。

オフロード自転車のビジュアルづくりに精通し、確実で高度なグラフィック創造能力を発揮できるクリエイターの田中さんに大急ぎデザインをお願いした。プリンターは確実な仕事と驚異的な仕上がりスピードを誇る三軒茶屋のブレインズさんへ依頼。頼りになる世田谷ネットワークのおかげで大会当日までに何とか間に合って、関係者ともどもひと安心。

第25回全日本マウンテンバイク選手権大会スタッフTシャツ

2010 Free Ride Games Tシャツ

10月 31, 2011   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  2010 Free Ride Games Tシャツ はコメントを受け付けていません。

2010FreeRideGames2010tee

早朝ライドのときどきの相棒、KOZOさん。懐かしい2010年フリーライドゲームスの参加者Tシャツを着用して待ち合わせの世田谷通り遊歩道入口に現れた。

●依頼主:FRG実行委員会のTTSハジメちゃん ●プリントデザイン:CARTOON MASTER 田中斉さん ●プリンター:ブレインズ三原さん ●ディレクション:ナット&カンパニー

自転車ヘルメットかぶろうステッカー

10月 7, 2011   //   by Hilo   //   Works  //  自転車ヘルメットかぶろうステッカー はコメントを受け付けていません。
自分の身は自分で守ろう!という自転車乗りの”掟(おきて)”をしっかり子供たちにも伝授しましょうね。

自転車キッズヘルメットステッカー

自転車キッズ検定ヘルメットかぶろうステッカー

 ●依頼主:(財)自転車産業振興協会 ●イラスト:Cartoon Master 田中斉 ●ディレクション:ナット&カンパニー

バンフ映画祭2011年のフラッグを設置!

9月 13, 2011   //   by Hilo   //   Works  //  バンフ映画祭2011年のフラッグを設置! はコメントを受け付けていません。

バンフ映画祭2011フラッグ設置

バンフ映画祭2011の東京会場、「ゲートシティ大崎」(東京都品川区)は1999年にオープンした駅前再開発の複合商業施設。ナット&カンパニーはゲートシティ大崎の管理組合とマネジメントオフィスから依頼を受けて環境PRを担当しています。今年もバンフ映画祭のサポートのひとつとして、うちのアップサイクルプログラムを採用していただき、屋外フラッグを制作、設置しました。

フラッグの生地は丈夫なコットン100%のワックスドコットン素材を使っています。ニューヨークやサンフランシスコのメッセンジャーたちが好んで使用しているコットン製のメッセンジャーバッグに使われている生地と同じものです。
プリントはシルクプリント。米国ユニオンインク社のラバーインクを使い東京世田谷のプリント工房で製作しました。フラッグの製作はナット&カンパニーが積極的に取り組んでいる”地域の雇用促進を進めるプロジェクト”の一環として東京都町田市の福祉作業所にお願いしました。

10月中旬、使い終えたバンフ映画祭2011フラッグはアップサイクルされて、頑丈で魅力的な1点ものトートバッグに再生される予定です。

ページ:«123456»