テント張り綱を反射コードに交換

12月 16, 2011   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  2 Comments

テントの張り綱を「反射テープ2本入3ミリコード」に交換してみました。
リフレクター効果の備わっている反射コードだから、夜暗くなってもライトの光に反射して足を引っ掛けることもありません。
反射テープ2本入3ミリコード(3色) ●コードテンショナー

Reflective 3mm Cord for Camping Tent

2 Comments

  • ガチガチのボーイスカウトのキャンプでは、
    今でもA型テントを使います。
    30年前のテントも現役です。
    設営自体が、訓練にもなるし、
    天井が高くて、過ごしやすいという事でもあります。
    張り綱自体が、テントの構造材になるので、
    かなりの本数の張り綱が必要になります。

    夜には、張り綱が見えない事が多く、
    引っ掛けて倒してしまったりもします。

    キャンプ地(うちの団では、キャンプ場は使いません)
    では、基本真っ暗なので、懐中電灯で光る張り綱は、
    結構良いかなと思いました。

    • 三原さん、コメントありがとうございます。

      ベレー(a.k.a.ボーイスカウト)のテントは年季モノが多いですね。コットン製A型テントなんぞは涙モノですね。

      ぜひ一度、リフレクトテープ入りの張り綱を使ってみてください。以前、MOSS TENT社が作っていた反射コードの2倍の面積の反射テープが編みこまれているので、反射効果は想像以上ですよ。