Browsing articles in "Blog"

パブリックコメント

8月 10, 2011   //   by NekoAndPeace   //   Blog  //  パブリックコメント はコメントを受け付けていません。

現在、動物愛護管理法の見直しが行われています。
この法案改正にあたり、2011年7月28日(木)~8月27日(土)までの1ケ月間、
動物取扱業の適正化について、環境省がパブリックコメント(国民の意見)を募集しています。
誰もが法案改正の賛否を直接投票することのできる稀少な機会です。

年間23万匹の犬猫が47億円の税金を投じて殺処分されている一方で、
年間80万匹とも言われる子犬子猫が新たに売られているそうです。
この数字を見ておかしいと思われる方、動物をモノや商品として扱うことは間違っていると思う方、
希少な機会を活用しましょう。

「動物愛護管理法」とパブリックコメントの送付に関して、とても親切に説明してくれているサイトがあります。
意見を送りやすいように、ひな形も作成してくれました。

●「One Action for Animals」さん

私たちも、メールで意見を送りました。
ぜひ、これはおかしい!という思いを書いて環境省へ送って下さい。

ガンジーは言っています。
国の偉大さ、道徳的発展は、その国における動物の扱い方で判る・・・と。
今の日本、どうでしょう??

GONZO増刊 Fat Pug Mag 電子版

8月 7, 2011   //   by Hilo   //   Blog  //  GONZO増刊 Fat Pug Mag 電子版 はコメントを受け付けていません。

先日、釧路湿原で開催されたファットバイクの記念すべき第1回パグズレイ・ミーティング。
GONZO増刊号としてお祝い号を発行しました。執筆陣はとても豪華な顔ぶれです。
DTP、Home Madeで初版20部。電子版をアップしました。ゆっくり読みたい方はPDFでダウンロードもできます。
*第1回パグズレイ・ミーティングの模様は山本修二さんのブログ釧路湿原MTBクラブのリポートで。
*来年の第2回パグズレイ・ファットバイク・ミーティングの開催も決まっているようです。問い合わせは釧路湿原MTBクラブまで。
FatPugMag-01/GONZO増刊-2011

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
FatPugMag-01/GONZO増刊-2011 by nat and company is licensed under a Creative Commons 表示 – 非営利 – 改変禁止 3.0 非移植 License.
 

バンフ映画祭フラッグをアップサイクル

7月 25, 2011   //   by NekoAndPeace   //   Blog, UpCycle, 環境  //  バンフ映画祭フラッグをアップサイクル はコメントを受け付けていません。

バンフ映画祭使用済みフラッグのアップサイクル

アップサイクルプログラム


昨年、東京会場のゲートシティ大崎で飾られていたバンフ映画祭2010のフラッグ(バナー)。
ただ今ナットアンドカンパニーのプログラムでアップサイクル中です。
映画祭の前には100%リパーパスされたバッグに生まれ変わる予定です。

2011年のバンフ映画祭のスケジュールはこちらでご確認ください。
●バンフ・マウンテン・フィルム・フェスティバル・イン・ジャパン2011

ラルゴTシャツ2011

6月 29, 2011   //   by Hilo   //   Blog  //  ラルゴTシャツ2011 はコメントを受け付けていません。

毎年この時期恒例のバックカントリー・アウトドアプロショップ「ラルゴ」のオリジナルプリントTシャツの”摺りだし”が無事終了。
イラスト担当のアーティスト、松川さんとラルゴのオーナー、菊浦さんがプリント工房の職人プリンターの三原さんのところに集結して、微妙な色出しや位置決め、インクの”のせ具合”を検討し決定します。

Tシャツは最近珍しいヘビーデューティなMade in USA。それを東京で顔料染め。アーティスト、松川けんし氏の不思議であったかいイラストを東京世田谷のプリント工房でプリント。ラルゴさんのTシャツは手間暇かけた拘りの一品です。

今年はけっこうなバリエーションを製作。でも、それぞれの数は少ないのでお買い求めはお早めにラルゴさん店頭で。

2011ラルゴTシャツ

自転車キッズ検定BOOKのイラスト

6月 13, 2011   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  自転車キッズ検定BOOKのイラスト はコメントを受け付けていません。

自転車キッズ検定・検定ブックのイラスト

自転車キッズ検定ブック。田中さんのツボを心得たイラストが素晴らしいです。
Cartoon Master 田中斉さんのコンタクトは555nat.com問合せコンタクトフォームから。

自転車キッズ検定、熊さんハンコの企画

6月 10, 2011   //   by Hilo   //   Blog, Works  //  自転車キッズ検定、熊さんハンコの企画 はコメントを受け付けていません。

jitensya-kids-kentei-hanko

ひょんなことから「自転車キッズ検定」のアプリケーションの企画制作を引き受けました。
自転車キッズ検定とは日本マウンテンバイク協会と財団法人自転車産業振興協会が今年から始めた子供たち自転車操作能力スキルアップ・プログラム。一応パブリックな検定のようです。

そして仕上がってきた試作品はアイテムのひとつ「オリジナル認定ハンコ(セルフインク・タイプ)」。
ハンコの用途は夏休みのNHKラヂオ体操の出席印を想像していただけるといい。級の認定印です。

ハンコのデザインは絵本の世界ではちょいと名の知れた画家さんの書き下ろし。
自転車練習中の森の熊さんがモチーフだ。

こじゃれた雑貨屋さんに置いてありそうなキャラクターのハンコです。

ラスタカラーのピースマークステッカー

5月 27, 2011   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  ラスタカラーのピースマークステッカー はコメントを受け付けていません。

ロングテール自転車仲間のゴリさんとNakazyさんが白猫屋を訪ねてくれました。

「イート、ライド、スマイル運動」(誰でも何処でも実践できる自転車のある開放的生活を提唱している)の普及活動の中心的人物のお二人。白猫屋で購入してくれた3Mスコッチライト製「555ピースマーク・ステッカー」をロングテールバイクに貼って現れました。

ラスタカラーをこよなく愛するNakazyさんの自慢はラスタカラーの1997年製ティンバック2(Timbuk2)「Dee Dog(ディードッグ)」メッセンジャーバッグ。それと5色あるピースマーク・ステッカーの中からピックアップしたラスターカラー3色貼り。

ラスタカラーバリエーション3M反射ピースマークステッカー

小島商店のウルトラマンバッグ

5月 23, 2011   //   by Hilo   //   Blog  //  小島商店のウルトラマンバッグ はコメントを受け付けていません。

祖師谷商店街特製「ウルトラマン・アップサイクルトートバッグ」。

自分のところで企画制作した製品を、納品先のお客さんから買うのってちょっと不思議な感じ。

ウルトラマン・アップサイクルトートバッグがディスプレイされているのをウルトラマン商店街の理事、小島さんのお店「小島商店」(お米屋)の店頭。以前から見本に1枚欲しいなあと思っていたので、この機会に購入。
ウルトラマンB柄、1枚1,500円也。

お店の店主、小島さんに聞いてみた。人気キャラクターは?
「バルタン星人」と「怪獣ギャンゴン」だそうである。

小島商店の祖師谷ウルトラマン商店街特製アップサイクルバッグ

リフレクトゴム製くつひもに交換

2月 25, 2011   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  リフレクトゴム製くつひもに交換 はコメントを受け付けていません。

2001年の発売以来、ご愛用者の方々のおかげでぼちぼちペースのロングセラーを続けています。
オリジナルの反射材入りゴム製「リフレクトラバーくつひも」のことです。

私事で恐縮なのですが、長年履いているトレッキングシューズのひもを交換してみました。
オールドスクール1980年代のアメリカ製「NIKEラバドーム」。
年代モノなので少々汚れていますが・・・。

さて反射材入りのゴム製くつひもに交換してシューズの脱ぎはぎがとても楽になり、
なかなか良い塩梅(あんばい)です。
ひものアジャストもストッパーで簡単に調整できます。
夜間のリフレクター効果も抜群でした。

リフレクトゴム製くつひもに交換

リフレクトゴム製くつひものお買い求めはショッピングサイト白猫屋でどうぞ。カラー展開は11色です。

180°SOUTH/ワンエイティ・サウス

1月 25, 2011   //   by NekoAndPeace   //   Blog, 環境  //  180°SOUTH/ワンエイティ・サウス はコメントを受け付けていません。

パタゴニア創業者 イヴォン・シュイナードとザ・ノース・フェイスの創業者 ダグ・トンプキンスのふたりは、
20代の頃、大自然を目指し冒険の旅をした。
その過去の旅に憧れ、追体験するアメリカ人青年ジェフ・ジョンソンを追ったドキュメンタリー映画。
監督は、世界中のサーフスポットを探し美しい映像を残しているクリス・マロイ。
公式なサイトにはそんな説明がありました。

映画を見た感想は・・・
アウトドア業界で成功したふたりの企業家の語る言葉と人物像は大変印象深かった。
自分の人生を捧げたいことに捧げるという姿勢。70歳になっても変わっていません。
二人の場合は、自然を守るという事。
その取り組みが、美しい自然と冒険のエピソードの合間に効果的に描かれていました。
180°SOUTH/ワンエイティ・サウス
向かって左:クリス・マロイさん 右:ジェフ・ジョンソンさん

初日には、ジェフとクリスの舞台挨拶があり、映画を見る前にインタビューを聞けました。
映画の中ではチリの環境問題について多く語られています。
地域住民の生活を大きく変えてしまう環境破壊は、今の日本にも重なる身近な問題でした。
モノを生み出す側の企業創業者が、環境保護にどのように関わっているのか、どのような
思いで活動を行っているのかを垣間見ることができます。

東京ではシネクイントで2月10日まで上映されています。
180°SOUTHオフィシャルサイトは→こちらからお入りください。

ページ:«1...2728293031323334»

Twitter

  • #日本手ぬぐい から #サイクルキャップ 。ランニングを愛する彼女のためにと #特別注文 された品物です。心のこもった贈りものの製作は責任重大でやんす。 #手ぬぐい #バッチグー #白猫屋… https://t.co/8go0XizirZ
    about 2日 ago