Browsing articles tagged with " 555nat"

バックルの留まりが悪いとき 【白猫屋】

3月 5, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  バックルの留まりが悪いとき 【白猫屋】 はコメントを受け付けていません。

bkl-stop_02

メッセンジャーバッグ用のパーツ、金属バックルをお買い求めいただいた方から「バックルの留まりが悪いのですが」というお問い合わせがありました。

白猫屋で扱っているミルスペッククラスのバックルはニッケルメッキが厚塗りされています。このためストラップテープの素材や織り、厚みなどによっては、(バックルの)ギザギザ部分の引っかかりが悪いことがあります。バックルが新しいとメッキとテープがまだ馴染んでないことも原因かもしれません。

バックルの留め具合を良くするには、ギザギザ部分のメッキをヤスリで削ってください。テープの引っかかりが良くなります。お試しください。ヤスリはサンドペーパー(紙ヤスリ)、荒目の100番くらいのもので大丈夫です。さらにしっかり留めたい場合は金属のヤスリでギザギザ部分を鋭角に削ってくださればより強力です。

くれぐれも削り過ぎませんようにお願いします。ストラップテープの摩耗が早くなりますし、尖ったギザギザでケガをする場合もありますからね。

バックルのお買い求めは当社インターネットショッピングサイトで。 → 白猫屋

bkl-stop_03

bkl-stop_01

手ぬぐいサイクルキャップ 【BEX ISOYA 成城】

3月 3, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle  //  手ぬぐいサイクルキャップ 【BEX ISOYA 成城】 はコメントを受け付けていません。

昨年、となり町のローディさんの依頼で製作した手ぬぐいサイクルキャップ。それが彼の通う自転車ショップの店長さんの目に留まり、ご注文をいただいたのが1月末。

1枚でもまとまっていても手作りの制作プロセスは変わりません。手ぬぐいを水通しして、アイロンかけて、パターン取りを決めて、切りとり線を引いて、それをハサミで裁断して、そのほかのパーツを揃えて下準備を整えます。それからツバと本体の縫製、アセンブル、仕上げと、1枚1枚手作りするわけです。

さて、そんなプロセスで、お預かりした手ぬぐい21本からサイクルキャップを手作りすること約1か月。スペシャルなアップサイクル・サイクルキャップが21個が完成しました。手ぬぐいサイクルキャップに取扱説明書をセッティングして、本日、依頼主のBEX ISOYA 成城店さんへ納品してきました。

このキャップを手に入れる方が、喜んでくれることを願っています。

■ 手ぬぐい持ち込みのオーダーメイド・プログラム: ナット&カンパニーの「Contact」からどうぞ

bex-tngi-cap_2015

SMILEマーク!

SMILEマーク!

bex-tngi-cap2_2015

試作リサイクルバッグ。国分町商店街@仙台

2月 17, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  試作リサイクルバッグ。国分町商店街@仙台 はコメントを受け付けていません。

商店街フラッグのリサイクル試作品ができました。

仙台のデザイン学校の学生さんが担当した素敵なフラッグデザインを活かした、イカすアップサイクル・プロダクツに仕上がりました。

全部で5アイテム。そのうちのトートバッグ2型とマルチポーチをご紹介します。

トートバッグ #01

トートバッグ #01

トートバッグ #02

トートバッグ #02

マルチポーチ

マルチポーチ

フラッグの生地をロスを出さないようにカット

フラッグの生地をロスを出さないようにカット

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

のぼり旗リサイクルバッグ耐久テスト中

2月 14, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  のぼり旗リサイクルバッグ耐久テスト中 はコメントを受け付けていません。

skiucbg_1

のぼり旗のテトロンポンジ100%ポリエステル素材。のぼり旗のときはチープな感じがしますが、アップサイクルバッグにリサイクルされると素材の品疎感がなくなりました。

これはきっと機能美を追求したデザインと心のこもった世田谷在住ママさん縫製チームの丁寧な仕事によるところが大きいと思います。

3週間前からこのバッグを家の買い物に使って強度と使用感のテストを繰り返しています。

持ち運びの「軽さ」と「コンパクトさ」には驚きます。生地が想像以上に薄いからですね。

めいっぱい荷物を詰め込んだときのバッグの強度。心配していましたが、さすがに屋外の風雨に耐えたのぼり旗。頑丈な生地はビクともしません。
しかも、心を込めた手抜きなしの手づくり縫製が自慢のママさん縫製チームの”縫い”強靭でした(写真参照)。まったく問題なく大荷物を包み込んでいます。

ポピュラーに使われているテトロンポンジ(100%ポリエステル)の「のぼり旗」は、意外とアップサイクル・バッグに適しています。

バッグの裏側の縫製は美しく、しっかり処理してあります。

バッグの裏側の縫製は美しく、しっかり処理してあります

バッグの裏側底部分の縫製処理はとっても丁寧です

バッグの裏側底部分の縫製処理はとっても丁寧です

アップサイクルバッグにリサイクルされる前の「のぼり旗」

アップサイクルバッグにリサイクルされる前の「のぼり旗」

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

サイクルキャップ 【ワトソン】 1960s Vintage Wool

2月 12, 2015   //   by Hilo   //   Blog, 白猫屋  //  サイクルキャップ 【ワトソン】 1960s Vintage Wool はコメントを受け付けていません。

僕らはこの1960年代ビンテージウールで作ったサイクルキャップを、何となく柄の雰囲気で『ワトソンキャップ』と呼んでいます。

1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材のなかでも珍しいタッタ―ソールの柄です。ざっくりした素材感を生かす1枚ものの仕立てとなっています。

ワトソンキャップ(タッタ―ソールのウール素材サイクルキャップ)のデザインは「3パネル」と「4パネル」です。

紹介記事を準備しているあいだに、4パネルのサイクルキャップが熊本へ旅立っていきましたので、申し訳ございませんが4パネルはなくなってしまいました。1点売れると在庫がなくなってしまうというのがハンドメイド1点もの生産体制の弱点となっており、皆さんいご迷惑をおかけすることも度々です。

このタッターソールのビンテージウール生地から、あと2枚ほどキャップ制作ができそうですので、追加制作を予定しています。

1960年代ビンテージウール・ワトソンキャップのお買い求めは当社インターネットショッピングサイトでよろしくお願いします。 → 白猫屋

wcap_wtsn_2015

アップサイクルの下準備。国分町商店街フラッグ@仙台

2月 10, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  アップサイクルの下準備。国分町商店街フラッグ@仙台 はコメントを受け付けていません。

ただいま、国分町商店街(仙台市)のフラッグのアップサイクル製品の試作に取り組んでいます。

フラッグは地元のデザイン系専門学校の学生さんが商店街のためにデザインしたものです。商店街、学校、企業、学生、地元の人たちが協力してローカルな街づくりを進める面白いプロジェクトのようです。

若いクリエイターたちが創りだすデザインはなかなか素敵です。存在感もあります。デザインに興味のある若い方たちを巻き込んで街づくりに取り組むことで、活気のある美しい商店街が生まれるかもしれませんね。

さて、そんな地域一体の試みからできたフラッグを使ってアップサイクル製品を作ろうという一歩進んだ取り組みに参加させてもらうことになり、試作品を引き受けました。そしてまず下準備です。試作用フラッグの洗濯です。厚手のターポリン素材のフラッグを裏表、ゴシゴシ洗濯します。

アップサイクルはいろいろ手間と時間がかかりますが、アタマとカラダをバランス良く使えるのでけっこう楽しいものです。

水洗いしたフラッグがどんな製品にデザインされ生まれ変わるか、それも楽しみです。

kkb-ucp_flgwash

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

のぼり旗リサイクルバッグ試作

2月 8, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  のぼり旗リサイクルバッグ試作 はコメントを受け付けていません。

スキーイベントで使っていたポリエステル素材のペラペラのぼり旗。スキー場の町の体育館に保管してあったものを友人がピックアップ。その友人からの依頼でリサイクル(アップサイクル)のデザインと試作品づくりを始めて試行錯誤。約1か月半が経ちました。

アップサイクル製品自体のデザインも大切ですがどのような方法で作っていくのかという製作システムのデザインも同じくらい重要ですから、なかなかアタマと時間を使います。

そしてなんとか試作品ができました。想像を超える”軽さ”です。しかし、”作り”はしっかりしています。とても使い勝手の良いパッカブル・バッグに仕上がりました。

sj15ucp_bag_1

sj15ucp_bnnr_1

軽さの秘密はこのペラペラな素材。透かしてみると向こうの風景が丸見えです。小さく軽く畳めて小袋に収納。

sj15ucp_bnnr_2

sj15ucp_bag_4

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

 

サイクルキャップ Vintage Wool Upcycled

1月 28, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 白猫屋  //  サイクルキャップ Vintage Wool Upcycled はコメントを受け付けていません。

woolcapj_3

1970年代のビンテージ・ペンドルトンウール素材をサイクルキャップに仕立てました。ペンドルトン社のウール100%素材ではめずらしいジャージ織。とくに1960年代~1970年代のものはとっても軽く、しなやかです。

キャップのデザインはベーシックな3パネルと4パネルでい1点ずつ制作。3シーズンの着用を想定して1枚ものにしました。サイズは、自転車仲間からのご要望が多かった「チョイ大きめ」です。自分の頭の大きさとキャップの寸法をご確認ください。

キャップ制作は我社のヒッピークリエイター、スーザンのホームメイドによる1点ものです。ご縁がございましたらよろしくお願いします。お買い求めは当社インターネットショッピングサイトで。 → 白猫屋

woolcapj_2

woolcapj_2b

ボビンは回収リターナブル。東急ハンズさんご協力ありがとうございます!

1月 25, 2015   //   by Hilo   //   Blog, Works, 環境  //  ボビンは回収リターナブル。東急ハンズさんご協力ありがとうございます! はコメントを受け付けていません。

15blg0124_r-bbn

「ちょっと待って!」と呼び止められた相手は、東急ハンズ渋谷店B1A素材売場のお世話になっているスタッフの方。

バックヤードのたまった「ボビン」(リールとも呼ばれています)を持って帰ってくださいってことでした。

ボビンは我が社オリジナルのリフレクト反射コード、50メートルが巻いてあったもの。東急ハンズさんで”切り売り”販売してもらっている商品です。50メートルのコードがすべて売れてしまうとこのボビンだけが残ります。

ボビンは商品の付属品。だから使い終わったボビンはホイホイ捨てられてしまいます。素材も紙やプラスチックと、チープです。

使い捨てがけっこう気になるほうなので、以前何度もコードの製造メーカに「繰り返し使えるボビンを回収して再利用しませんか?」と相談したことがあるので すが、再利用に提案はあっさり何度も却下され続けました(涙)。手間のこと、回収経費のこと、作業効率のことなど考えると無理だったのかもしれませんね。

まだまだ使えるものがホイホイ捨てられる世の中です。結局、「使い捨てないボビン」を自分で作ることにしました。

自分でデザインするので黄金比を取り入れました。試作品をいくつか製作し、最終的に素材には軽量でリーズナブルプライスで長持ちしそうなベニヤ板を使用。

5年前の2010年から、うちの扱うすべてのコードのボビンを回収して繰り返し再利用可能な「リターナブル・ボビン」に切り替えました。自前のボビンなので、コードを巻く作業は自分ですることになりました。こちらの手間が増えましたが、ゴミが増えるよりは良いでしょう。

使い終わったボビンがホイホイ捨てられる場所の最前線は売り場のバックヤードです。それは東急ハンズ渋谷店B1Aの素材売場でも例外ではありません。

しかし、自分たちの納品したリフレクト反射コードのボビンが捨てられずに戻ってくるのは嬉しいことです。売り場スタッフの高い環境意識と心遣いのおかげ で、リターナブル・ボビンの100%返却回収再利用が実現しています。東急ハンズ渋谷店B1A素材売場のスタッフの皆さん、いつもご協力ありがとうござい ます。

回収したボビンに「リール(ボビン)すてないで!」シールを発見しました。回収再利用を仲間のスタッフへ周知徹底してくれているんですね。お買い物は、こういう感覚の心配りと環境意識の高いスタッフがいるお店を利用したいものです。

脱・使い捨て。のぼり旗、アップサイクルへ。

1月 16, 2015   //   by Hilo   //   Blog, UpCycle, 環境  //  脱・使い捨て。のぼり旗、アップサイクルへ。 はコメントを受け付けていません。

街中やイベント会場に氾濫しているあの使い捨て「のぼり旗」を何とかしたいなあといつも思っています。

先日、スキー業界筋の友人が使用済みの「のぼり旗」を持ってきてアップサイクルのサンプルを作ってくれないかという依頼がありました。捨てる前の使用済み「のぼり旗」は体育館の片隅にひっそりと大量にストックしてあるそうです。

使用済みの「のぼり旗」に使われているこのチープでペラペラのポリエステル100%テトロンポンジ素材をいつかアップサイクル再利用してみたいと考えていたので、友人の申し出はちょうどよいタイミングでした。

さてこれからアップサイクル製品の見本づくりにかかります。さてどんなアップサイクル再生品が出来るかはお楽しみに。

0116_ucp_sj

■ Nat. & Co. のアップサイクル・プログラム

ページ:«1234567891011»

Twitter

  • 襟元と袖口がすり減ってしまった真っ赤な #ペンドルトン の #ウール シャツを #サイクリングキャップ に。2015年製作の #アップサイクル #サイクルキャップ でございます。… https://t.co/8Z6ukXvPvH
    about 3時間 ago