Browsing articles in "Friends"

釧路湿原マウンテンバイク・クラブ

8月 14, 2013   //   by Hilo   //   Friends  //  釧路湿原マウンテンバイク・クラブ はコメントを受け付けていません。

2010年春。知人の誘いで初めの釧路湿原トレイルライドを体験。360度パノラマのとんでもないスケールの絶景にすっかりヤラれてしまいました。只々立ち尽くすのみ。 太古の原野にタイムスリップしたトレイルライドはまさに”天にも昇る気持ち”にさせてくれました。 何度か体験したことのある北米の圧倒的なスケールのマウンテンバイクトレイルに匹敵するものがあります。

この素晴らしい偉大な釧路湿原の環境を支え、マウンテンバイクの素晴らしさを伝えているのが「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」の代表、沢田さんとクラブのメンバーたちです。活動は(雪の降る冬季ももちろん)地元の方々と情報交換しながら湿原の自然環境を守り、トレイルを整備し、維持管理を欠かさず、一年間を通して(もちろん雪に被われる冬季も)マウンテンバイクを思いっきり楽しむなど多岐にわたっています。希望の方にはローカル釧路のマウンテンバイクのガイドツアーも提供しています。

釧路のオフロードライドの奥深さが気に入って、東京在住ながら僕は「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」に籍を置かせてもらうことにしました。年に一度か二度しかクラブの活動には参加できませんが、それでもじゅうぶん価値のある釧路湿原のマウンテンバイクライドだと思っています。時期を選べば羽田-釧路の往復航空券と宿泊のパッケージツアーで3万円を切るものもありますからね。

人生が変わるほどの感動と自転車体験。一度は釧路湿原のマウンテンバイクガイドツアーをお薦めします。コンタクトは「釧路湿原マウンテンバイク・クラブ」へ。

f_釧路MTBクラブ_2013

Cosset-Bag コゼバッグ

6月 6, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends, 白猫屋  //  Cosset-Bag コゼバッグ はコメントを受け付けていません。

コゼバッグの千絵さんとは2008年8月の Tokyo Night Bike Groove トーキョー・ナイト・ライド・グルーヴ(シークレット・バイシクル・ソサエティ主催の自転車の闇グループライド)からの付き合いになります。

集まった他のメンバー同様、彼女も自由で優しいラブ&ピースな心の持ち主でやはりシングルスピードの自転車乗りでした。年代は違いますが彼女とは生き方の波長があって、また共通の自転車仲間がいたりしてすぐに友だちになり、何となく交流が続いています。

彼女がメッセンジャーバッグのスーパー・クリエイターだと知ったのは会ってしばらくしてから。思い出せば、友人たちの多くが特製コゼバッグを気に入って使っていました。

デザインの良さ、作りの頑丈さはもちろんですが、使い手を選ばない万人向けの使い勝手の良さ、修理やリペアにも快く応じてくれるなど、コゼバッグの千絵さんの消費者フレンドリーなモノづくりのポリシーが使う人に幸せを運びます。

★コゼバッグのウェブサイト → Cosset-bags
★コゼ千絵さんのブログ → コゼブログ

555nat friends cosset-bags 2013

コゼバッグのモノづくりポリシーと千絵さんのセンスに惚れて白猫屋では2010年から「特製サイクリング防水パース」の製作をお願いしています。すべてカラーリングの違う1点モノ。少量ですがショッピングサイト「白猫屋」販売しています。よろしければのぞいてくださいな。 → 白猫屋

Rew10works リューテンワークス

3月 4, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  Rew10works リューテンワークス はコメントを受け付けていません。

白猫屋のウェブマスターは猫と谷中の事情通。彼女がネットサーフィンで見つけて「気になる職人お気に入りリスト」の上位にランキングされていたのが谷中の小さな工房で仕事を始めたばかりのRew10worksリューテンワークスでした。

僕が初めて会ったのはそれからだいぶ時間が経った谷中「古美術上田」さん。展示受注会の会場でした。合同で展示受注会を開催していたゴゼバッグさんから紹介していただきました。Rew10さんからは骨太の自転車づくりの哲学といかにも頑丈なそうなピッカピカの自転車に、並々ならぬ職人魂を感じました。

それから何年かして谷中から世田谷・三軒茶屋近くに工房が引っ越してきました。
Rew10worksのウェブサイトからはとても気軽に工房を訪ねるなんてとんでもないような敷居の高さを感じるかもしれません。でもそんなことはまったくありませんのでご安心を。一般常識を持つ人間には丁寧に自転車づくりの相談にのってくれます。

職人気質のプンプンする自転車づくりに興味のある方はぜひRew10worksさんの工房をお訪ねください。

friends_rew10works

CHUMS表参道フラッグシップストア

1月 30, 2013   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  CHUMS表参道フラッグシップストア はコメントを受け付けていません。

知り合いが表参道にお店を出した。チャムスCHUMS表参道フラッグシップストアだ。2012年12月8日のオープンに先駆けて関係者のお披露目があった。お店はアメリカの雰囲気あふれるアウトドアショップ。懐かしくもあり、解放的な居心地の良さもある。他のアウトドアブランドの旗艦店にありがちな「気負い」「ヤリ過ぎ」「勘違い」がなくてちょっと安心した。

建物は奇麗なユニット構造。最小限のユニットに分解し、トラックに乗せ簡単に移動と移築できるそうだ。 取り壊しの際に大量の産業廃棄物を出さずに済むわけだ。ミニマムインパクトを意識した先進的な建物のお店が気に入った。

久々に会う社長とベテランのスタッフたち。小さな事務所で忙しく動き回っていた頃と変わらない人懐っこさとアットホームな笑顔で迎えてくれた。たくさんの若者たちに支持されて成長した現在も、チャムスのスタッフたちのユーザー目線のあったかい人間性とアウトドア・レクリエーションを愛する心に変わりはなかった。
そんなスタッフの想いが製品に反映された開放感のあるチャムス・ブランドは本格アウトドアブランドとは一線を画している。復刻品頼みの老舗アウトドア・ブランドの怠慢な製品づくりの対局に、創造的に富み、アウトドア・レクリエーションの何たるかをよく理解しているチャムスがある。

熱狂的なチャムス・ファンも、そうでない皆さんも、居心地の良いお店と製品を体験しにぜひ表参道フラッグシップストアへどうぞ。

チャムス表参道旗艦店の店内(1)
チャムス表参道旗艦店の店内(1)
チャムス表参道旗艦店の店内(2)

チャムス表参道旗艦店の店内(2)

 

NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動【体験会】

11月 9, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Friends, 環境  //  NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動【体験会】 はコメントを受け付けていません。

NPO法政クラブ・マウンテンバイク活動の体験会。毎月第1日曜日の開催です。
活動に関心のおありの方はぜひ一度、体験会にお越しください。
体験会の参加は無料。事前申し込みが必要です。
申し込み先はこちら。→ 特定非営利活動法人「法政クラブ」マウンテンバイク

特定非営利活動団体「法政クラブ」マウンテンバイクの体験会

インデザイン社キーケースにリフレクトコード

6月 5, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Friends, 白猫屋  //  インデザイン社キーケースにリフレクトコード はコメントを受け付けていません。

インテリア&生活雑貨分野でユニークなプロダクツデザインを生み出している吉祥寺のデザイン工房「イン(印)デザイン」社。大量生産、大量消費時代に一石を投じる愛ある製品作りをコンセプトとしているところは僕らのモノづくりの精神と共通しています。

そんなインデザイン社からリリースされたばかりの美しいキーケース。カラフルなボディカラーの合わせてカラフルなテンションコードが使われています。ちなみにこのテンションコードはナット&カンパニー・オリジナルのリフレクトテープ入りゴム製コード、3ミリ径。製品のパーツとして供給しています。

ちなみにテンションコード=カンパニー・オリジナルのリフレクトテープ入りゴム製コード(3ミリ径)のカラーバリエーションは全11色。

インデザイン社キーケース2012

トーキョーバイク Tokyobike

3月 2, 2012   //   by Hilo   //   Blog, Friends  //  トーキョーバイク Tokyobike はコメントを受け付けていません。

トーキョーバイク(Tokyobike)の社長、一郎さんとの付き合いは長い。創業前の12年ほど前からだ。 2000年くらいにスポーツ用品店「オッシュマンズ」に出入りしていたのがきっかけである。「コミューターとしての自転車」感が良く似ていた一郎さんと僕は何となく気が合った。

さて、トーキョーバイクだ。誰よりも街乗り自転車の素晴らしさを深く知る人物、一郎さんはシンプルなデザインのトーキョーバイクを通して、気軽で身近で便利で楽しいアーバン自転車スタイルを都市に住む一般の人たちへ伝えようとしている。シンプルでセンスの良いデザインとカラーリング、軽快な走り、リーズナブルな価格。そんなトーキョーバイクのポリシーは今や日本のみならずヨーロッパ各国でも注目されている。

Tokyobike, 555 Friends_24

国際マウンテンバイシクリング協会 IMBA

10月 22, 2011   //   by Hilo   //   Friends  //  国際マウンテンバイシクリング協会 IMBA はコメントを受け付けていません。
インターナショナル・マウンテン・バイシクリング協会
 
 9月はInternational Mountain Bicycling Association(略称、IMBA)のメンバー更新の月。IMBAはオフロード自転車の環境整備、普及啓蒙、教育などの活動を国際的に行うボランティア団体である。2011年9月現在で80,000のメンバー(個人、自転車クラブ、環境団体、企業、ショップ)によるアメリカ、カナダ、はじめ世界30か国を超える国際的なネットワークである。

僕がIMBAの活動に興味を持ち、そして関わるようになったのは1987年、アメリカ西海岸でのこと。IMBAディレクターのジムとカリフォルニア州マリブのトレイルを一緒にライドしたのがきっかけだった。マウンテンバイクの自由な感覚や面白さをみんなに知ってもらいたい、そんな想いをジムも僕も共有していた。

IMBAの活動は安全に楽しく利用できるトレイルの開拓、環境の保全運動、ハイカーなどトレイルをシェアするユーザーとのトラブルの防止、オフロードサイクリングの普及啓蒙教育活動、情報提供など、多岐にわたっている。日本では活動も関心もそれほど高くない。しかし、少しずつ安心して自転車遊びを満喫きる場所のニーズは増えている。トレイルシェアの問題に取り組む友人、トレイルの整備に積極的に参加している友人たちも数多い。

これからも自転車の取り巻く環境の整備にIMBAメンバーとして微力ながら協力していきたいものですね。

以下、IMBAの主な活動です。

■安全でトレイルへのダメージの少ないマウンテンバイクのライディングを指導、啓蒙 ■マウンテンバイクのライディングに関する「環境の問題」「トレイルユーザー間の利害」「トレイルのデザイン」などあらゆる問題の調査、サポート、情報収集 ■自然環境へのインパクトを考慮した模範的なマウンテンバイクのトレイルをデザイン、施設を作り、マウンテンバイクの発展と利用者の拡大への貢献 ■マウンテンバイクのプロモーション ■マウンテンバイクのローカル・クラブへのサポート ■個人、クラブ、トレイルの管理者などのトレイルに関わる人々へ、安全で責任あるマウンテンバイクのライディング方法を知ってもらう教育プログラムの提供 ■ボランティアによるトレイルのパトロールの実施 ■マウンテンバイクを取り入れた青少年の教育プログラムの提供 ■他の団体と協力し、トレイル乗り入れの許可を求める運動 ■マウンテンバイクに興味を持つ報道関係者や個人へのサポート活動

IMBAの詳しい情報はJMA(日本マウンテンバイク協会)、米国IMBAのウエブサイトをご覧ください。

CHUMS/チャムス(ランドウェル)

10月 20, 2011   //   by Hilo   //   Friends  //  CHUMS/チャムス(ランドウェル) はコメントを受け付けていません。

フレンド・チャムス

チャムスCHUMSと聞いてサングラスのストラップと答えるのは、かなりのアウトドア通かアメリカンバイク通とみた。オークリーのサングラスにチャムスのストラップの組み合わせ。1980年代アメリカンバイクシーンではそれがカッコいいバイカーたちの定番スタイルだったことを思い出します!

そんなアメリカンな魂を継承し、日本人に愛されるアウトドアブランドとして成長したチャムス。愛される理由は社長の土屋さんはじめ、アウトドア好きの明るいスタッフたちの手で世におくりだされるユニークなチャムス商品。遊び心を忘れないモノづくりのポリシーがあるからなんだね。

写真はチャムスとナット&カンパニーが共同で実施していたアウトドアアクティビティプログラムの一場面。バイクライドを終えた参加者を待つ、グリルで調理中の手作りハンバーグランチ。アメリカ仕込みチャムス社長が料理の腕をふるっていました。

チャムスのウェブサイトはコチラ

自転車俳優 佐藤貢三

5月 28, 2011   //   by Hilo   //   Friends  //  自転車俳優 佐藤貢三 はコメントを受け付けていません。

555friend-satokozo

佐藤さんは想像力の豊かな俳優である。自転車遊びの哲学もまた個性的というか独自の美学を持っているようだ。
最近はオフロード自転車の遊び場「パンプトラック」の設計と制作に情熱を注ぎ、類い稀なるセンスを発揮している不思議な癒し系の男である。フォトグラファー、ムービーメイカーとしてもいい腕を持っている。

自転車俳優 佐藤貢三さんのウェブサイトはこちら

ページ:«12345»

Twitter

  • https://t.co/T5eN1PoiXF午前7時。気温24℃。やや強めの爽快な風に吹かれて、朝の #自転車ライド へ。 #東京 #世田谷 成城3丁目の国分寺崖線から望む西の空。富士山は雲の向こうに。 #自転車のある生活 https://t.co/6u4JeTIfeA
    about 18時間 ago